雨漏り





梅雨に入る少し前、家の二階の廊下に水たまりが出来ていた。

何か溢しただろうか?と考えてみたが思い当たらない。ふと天井を見上げるとそこに原因があった。

雨漏りだ。

その雨漏りしていた部分の天井の上はすぐ屋根になっているのだが、そこに隙間でも出来たのだろうか?

夫に報告すると、すぐに夫の実家の知人が家に見に来てくれる事になった。
その知人は建築関係の会社を経営しているらしい。

また知らぬ人が家に来るのか……
そう思うだけで憂鬱になるがこればかりは仕方がない。

翌日、すぐにその知人がやって来た。同年代の若社長といった感じ。
お世辞にも愛想の良い人とは言えなかった。かなり私の苦手なタイプ。
大人しくて愛想がない人ならいい。だがそれとは違い、何だか機嫌が悪そうな少し怖い人に見えた。

夫の両親の知人だが、どういう付き合いなのか詳しくは分からない。私達が普段接した事のないタイプなのでどう会話していいのか戸惑う。


その若社長は簡単に屋根に上り、色々とチェックしてくれた。
そして屋根に割れている部分があると撮影した写真を見せてくれ、「外壁塗装をした方がいい」と勧められた。

とはいえ私達に簡単に支払える金額ではない。
だが確かに汚れも酷いし、何よりこのまま雨漏りしている状態では放置出来ない……と迷った。

すると知人という事で、相場よりもかなり安くしてくれると言う。
話を聞いているとこれを逃すと損のような気がして、思い切ってお願いする事になった。

私は苦手なタイプの若社長だったが夫は平気なようだし夫に任せよう、そう思い私は夫の後ろに隠れるようにしてただ話を聞いていた。

しかしよく考えてみると夫はほとんど家にいない。塗装には最低でも二週間程かかると言う。
その間に何かあれば私が対応するしかないのでは?それを思うと胃がギュッと痛くなった。

後日、見積もりと契約が済み、その時若社長が言った。

「うちが契約している外注業者の人達が来る事になりますが、どんな事もその人達と直接交渉などはしないで下さい。全て私に相談して下さい」と。

私と夫は「分かりました」と答え、その数日後から外壁塗装が始まった。

――続きます。




***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事