心を開かない限り





あれからも派遣の仕事を続けている。
ただあれ以降、孤独感が強まったように感じるのは気のせいか。

彼女とはほとんど挨拶しかしない関係になった。
私から何か上司に言った訳ではないが、最近は上司が直接彼女に仕事を指示するようになった為、私と関わる事がかなり減った。
もしかして彼女が上司に頼んだのだろうか?そんな憶測をしてしまう。

なので今はどうしても必要な時だけ、一言二言言葉を交わすだけ。私も彼女も表面上は笑顔を作るが、その空気が不自然でストレスを感じずにはいられない。

仕事は友達を作る場所じゃない。
当然な事だし、私も「友達」まで望んではいないが、心を無にして淡々といられる場所であればいいのにと願う。

気にしないといくら自分に言い聞かせても、仕事中や休憩中に彼女や他の人達が雑談で笑っているのに、私だけ暗く黙々と仕事をしているのが息苦しい。
彼女と仲の良いパートの人達も、直接私には何も言ってこないし、笑って挨拶はしてくれる。だが、彼女達が談笑中に私がその場に近づくと、フッとその会話が止まるようになった。

こういう些細な事の積み重ねで案外傷が深まったりする。

この職場に来て、ほんの少しだけど環境に慣れてきたかな?と思っていたが、何だか最初の頃に戻ったかのような、よそよそしさを感じる。被害妄想だろうか?でも私はそういった女同士の発する信号には敏感だ。

今の職場に限らず、過去の職場でも辞めるきっかけは結局こういう人間関係だった。
皆に好かれて関係が良好なうちには気分良く勤められるが、ある日誰か私に引っかかってくる人が現れるとダメだ。


だがそんな風に辞めたいと思う程人間関係に悩んだ時には、誰か一人でも職場で味方を作るべきだとどこかで読んだ。
自分一人きりなのと、誰か一人でも分かってくれている人がいるのとでは全然違うと。

悩む度に私はその言葉を思い出したが、結局いつも誰にも相談などした事がない。
誰にも心を開けないのだ。

その相談する相手の事は信用していて、私の好きな人物かもしれない。
だけどその相談相手が、私の苦手とする相手と仲が良かったら?私にとっては悩みでも、相談を受けた人から見れば、単に私が悪口を言っていると受け取られるのではないか?
そう考えてしまう為、誰にも心を開けず「私は何も悩んでいません」という顔をして過ごし、ある日「一身上の都合」で辞める(逃げる)というパターンだ。

だがもう少し今の職場で様子をみようと思う。頑張れるところまで。
週2日だから何とか我慢できる。ずっとそう思ってきたが、頂いたコメントでなるほどと納得するものがあった。
「時々行く方が辛いと思う。毎回月曜日の前日のような気分になるだろうから」と。

まさにその通りかもしれない。
いつまで経っても疎外感。時々来るよそ者。私のいない日には悪口を言われているのでは?と想像してしまう。
だがそれは私の性格の問題であって、たとえ毎日出勤しても味方を作る事は出来ないのかもしれない。私が心を開かない限り。




***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事