お返事





先日からの私の泣き言に対し、色々なコメントを頂きとても感謝しています。

たくさんのメッセージを頂きその全てが優しくて、そして皆さんもそれぞれ色んな思いを抱えながら生きているんだと感じました。
だからこそ、一見同じ様なコメントに見えたとしても、何度も読み返していると一人一人が微妙に感じ方、考え方が違うと数行のコメントからも伝わってきます。

それにしても、たくさんの方が私の事をよく理解してくれているんだな……と改めて感心しました。何だか他人事みたいな書き方で申し訳ないですが。

正直、ここ最近の記事を書いた時、コメントを読むのが嬉しい反面しんどくもありました。

誤解しないで欲しいのですが、メッセージを頂くのは本当に嬉しいのです。
「女友達がいたら何て言ってくれるんだろう?」「客観的に見て私は間違っているのだろうか?」そんな気持ちがあり、皆さんの意見や感想を聞きたくなります。

だけどコメントを読んでいくうちに、自分がそのアドバイスに応えられない、頑張れない事に更に勝手に落ち込んでいきました。
また、微妙に違うそれぞれの意見があったりすると、全ての人に納得してもらえるお返事を書かなければ……とか、全ての人に共感してもらえる記事を書かなければ……と、自分自身を追い詰めてしまいます。

誰一人として、私に「こうすべきだ」とか、「もっと頑張れ!」とか、プレッシャーをかける人はおらず、逆に皆さん優しく包み込んでくれているというのに、私は一人で勝手に殻に閉じこもろうとするのです。


ある人にこんなコメントを頂きました。
「たくさんの優しいコメント、共感している方がたくさんいる、でももしかしたらそんな言葉たちさえも苦しくなったりしていませんか?」

私はこんなブログの文章一つから、そこまで私という人間を見抜いてくれているんだと思うと涙が出ました。

リアルな世界では人と比較し、人からの評価ばかり気にして生きています。
でも気付けばいつの間にか、ブログの世界でも読み手がどう思うかを気にするようになってしまっていました。ここは唯一の吐出しの場であったはず。いい人にならなくていい。
矛盾だらけでも、弱いままでも、同じ愚痴の繰り返しでもいい。

今回の仕事の件、親の件、精神的な事などをここ数日ずっと夫に話していました。
夫は、「ダメな自分をさらけ出せ」「全ての人に好かれなくていい」と言いました。

ダメな自分を認める。
コメントにも頂いていましたが、私にはとても難しい事です。
口では「こんな私……」と謙虚に言っているつもりでも、本当の根っこのダメな部分はさらけ出せません。
「私時々鬱が出没するから、話す時震えちゃうんです」って笑って言えたら楽になるよ?自虐一番!って夫に言われましたが、そう出来る人間ならとっくに楽になっているはず。

他人にさらけ出すのはハードルが高くても、せめて自分自身の中だけでも自分のダメな部分を認めるというか、諦められたらいいのだけれど。

夫は私の事を「面倒臭い人だから」とよく言います。
きっと今この記事を読んで下さっている方もそう思っていると思いますが、それでも面倒臭い記事、面倒臭い私を、せめてこのブログの中だけでもさらけ出していこうと思います。




***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事