主婦の仕事





静かなGW。

近所の人達も皆旅行や帰省している人が多いのか、ほとんど人を見かけない。いつもの子供の騒ぐ声も聞こえない。毎日こういう日なら、家に居ても罪悪感がなくて済むのに……と思う。

今日も一日中ほとんど寝ていた。
朝は一度起きてゴミを捨てたりするが、その後軽く朝食をとった後ソファに横になる。私はドラマや映画を観るのは好きだが、それ以外にテレビをつける事は少ない。特にこうして一人で過ごす時間には何も音のない世界で過ごしたいのだ。

風が強く、ガタガタと窓が揺れる音を聞いていると不思議と心が落ち着く。
いつの間にかそのまま眠ってしまい、途中何度か目が覚めたが、ようやく腰を上げて起き上がった時にはなんともう18時になろうとしていた。

何て自堕落な生活なんだろう。だが何も考えたくなくて、家にいると常に眠っていたくなる。私の場合、眠っていても悪夢を見るので、完全に無になれる時間ではないのだけれど。

早く夕食の準備をしなくては……
そう思いながら薄暗い部屋で立ち上がった時、玄関で音がした。

予想外に早く夫が帰宅したらしい。
どうして?大抵の帰宅時間は20時を過ぎるのに。

急に気忙しい気分になり、部屋に入ってきた夫に言った。
「どうしたの?早いね」

夫は「なんだか早く帰ってきて悪かったみたいだな」と言いながら、「それより電気も付けずにどうしたの?」と聞いてきた。


「もしかしてまたずっと寝てた?」と図星を指され、罪悪感からつい「早く帰るならメールでもしてくれれば良かったのに」と言う私。

いくら夫であっても、未だにこんな自堕落な一日を過ごしている現場を見られるのは情けない。夫も呆れたように「夕食は出来てるの?」と、出来ていないのは見て分かるのに、嫌味半分で言う。

「今から急いで作るわ」と私は言った。

夫は明らかに不機嫌に「もういいよ、食欲ないから」と言いソファに座った。

「怒ってるの?」と私が聞くと、

「だって僕は仕事で疲れてるんだよ?ころりは一日中ずっと寝ていただけ?食事の用意も出来ない訳?」と責め始めた。

確かにGWも休日出勤で働いている夫に返す言葉もない。
だがせめて「今から帰る」のメールをしてくれれば、もう少しは早く行動出来たのに。

私は腹立たしさと情けなさのどちらとも言えない感情のまま、夕食の準備をした。いらないと言われたが出せば食べるだろう。

以前、ダラダラと一日中寝て過ごすのを許されたのは鬱だったから。
今は夫にとって私は普通の主婦なのだ。主婦のするべき事をしなければサボっていると言われても仕方がない。

私にとって、誰もいない何もない静かな部屋で、時間を気にせず眠るのはストレスからの逃避の一つだった。
だが今後は「あれをしなくちゃ、これをしなければ」と夫の目を気にする事が増えるように思う。

鬱の時は自分の事で精一杯だった。だが少しそこから抜け出した今、それはそれで普通の主婦をこなす事のしんどさを実感している。




***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事