入ってこないで





私の小さな楽しみとなりつつあったヨガ。

引きこもっていた私にとって、外で新たな事を始める小さな一歩であった。
インストラクターの印象がとても良く、癒しの時間となっていた。

なのに最近、母からの電話でその楽しみが一瞬で崩れた。

母からのランチやショッピングの誘いを断る為、私は「ヨガに行くから」と口実に使った。

すると母は、「え?どこに行ってるの?何人ぐらい?」と聞いてきたので、しまった、言わなきゃよかった、、、と後悔した。

母は、何でも私と一緒に共有しようとする。躊躇なく。



ヨガの場所を聞かれた時も嫌な予感がしてドキッとした。
だが、場所を聞かれて隠す理由が思い浮かばず、仕方なく聞かれた事に答えた。

そして先日かかってきた電話。

母は興奮気味に、「ころりの行ってるヨガの教室、電話してみたわ!」と嬉しそうに言う。

私は心臓がバクバクし、嫌だ嫌だ、またこのパターンだ、と胸が締め付けられた。

「申し込もうとしたんだけど、今はその時期じゃないんだって。残念よねー。でも次の受付期間に申し込めば、ころりと一緒に通えるわよ!」

母は興奮気味に言った。
なぜ私がどう感じているかを気にしないのだろう。

せっかく嬉しかった自分だけの時間に母が入ってくるなんて。
私は私だけの世界でいたいのに。

もし母が本当に加入すれば、きっと中心となり色んな人に話しかけるだろう。そして私にもそうさせる。

だが私自身は静かにそっと、隅の方でその空間にいるだけでいい。
その方が居心地いいのだから。





***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり