***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ


***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



在宅ワークの面接2社比較。質問内容は同じでも印象が全く違った

ころり

-




zoom_20221031174359cd7.jpg


在宅ワーク。2社目のweb面接


何とか書類選考を通過したB社のweb面接があった。

前回A社の時にかなり緊張してテンパってしまったが、今回は二度目なのでそれ程緊張していない。

…と、前日まで思っていたのだが、いざ時間が近付き10分前になると急に緊張が押し寄せた。
自分の手が震えているのが分かる。

こんな事ぐらいで…情けない。
歳を取るごとにイレギュラーな対応が出来なくなっている。
いつもと違う場所、いつもと違う事、いつもと違う何かがあるだけで気持ちが追い詰められ緊張で体に異常が出る。

このB社は事前のメールのやり取りから、A社とは真逆の印象があった。

硬くてそっけない文面。

A社があまりにもフレンドリーというか、最初から明るくテンション高めなメールをやり取りしていたので、そのギャップを感じていた。

いつの間にかA社の雰囲気に慣れてしまっていたのか、B社のその表情が読めない文面にやや不安を感じた。

しかしビジネスメールなんてこれが普通なのだろう。

そう自分に言い聞かせながら、web面接のルームが繋がるのを待った。







あまりの素っ気なさに言葉に詰まる


そしていざ画面に面接担当が2名現れた。

A社の時には5人もいたので、焦って狼狽えてしまったが、それに比べれば2人でホッとした。

前回も女性ばかりだったが、今回もまた女性が2人。

しかし…A社の時とは違い、あまりにもその女性の無愛想さに言葉を失った。

笑顔ゼロ。口調は厳しい。沈黙も有り。

最初の5分だけで完全に苦手意識が働いてしまった。

しかし面接で質問された内容はA社と同じ部分が多かったので救われた。

それでA社と同じ回答をしたのだが、ここでA社との違いをはっきりと感じた。

A社の面接担当者は、私の言葉に何かしらの反応があったり、それに対する意見や感想を言ってくれたので、後半はそれで多少緊張が解れた部分があった。

しかしこのB社の担当者とは話せば話す程緊張が増した。
A社の時と同じ回答をしているのに、全く反応が無く返事もない。目線もずっと下を見ている。せめて口調が穏やかなら良いが、それもハッキリ言って怖かった。

―――続きます。


視点を変えれば印象も変わる。在宅ワークは甘くないと実感中

視点を変えれば印象も変わる。在宅ワークは甘くないと実感中

結局、最後までB社の面接担当者は無愛想で、ぎこちない雰囲気のまま面接が終了した。








***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり