***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ


***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



友人がいない夫婦に育てられるという事

ころり

-




dog_20220901202232978.jpeg


愛犬のしつけ教室、その後


最近は新たに始めた在宅ワークの事で頭がいっぱいで、家事や愛犬の散歩も手抜き。このブログも書く余裕がなかったり。

そんな中、愛犬のしつけ教室には行っている。

しばらくは定期的に通った方が良いとアドバイスされた為、愛犬が慣れる為にも続けているのだが、通えば通う程、しつけ教室とは犬ではなく飼い主が躾けられる教室なのだなぁと感じる。

愛犬はただ私と一緒に出掛けるのが嬉しいようで、前回の預けられる幼稚園とは違い、私が常に傍にいて一緒にゲームなどをするので安心して飛び跳ねている。

一方私の方はしつけ教室に行く時間になると、自分自身にスイッチを入れる。
いつもの自分より明るく社交的になるように。







協力してもらえる友人が必要


だが最近トレーナーに言われてよく困るのが、「友達に協力してもらって下さい」と言われる事。

それを言われると私は口を閉ざすしかない。

こんな事を言うと親バカなのかもしれないが、うちの愛犬は本当に頭が良い。
トレーナーも、愛犬の事を能力が高いと評価してくれている。(他の犬と比較しても違うらしいのでリップサービスではなさそう)

愛犬はおやつ(食欲)で喜ぶタイプではなく、遊び(頭を使う)事で喜ぶタイプ。

ゲームを使って躾をすればする程(アジリティなど)、どんどん目が輝き始め、1、2度教えるとすぐにマスターする。

そして褒めるとますます学習意欲が高まり、嬉しそうな顔をする。

この意欲を利用して、私の友人などに一緒に遊んでもらったりすると人慣れに繋がるとトレーナーにアドバイスされるのだ。


友人がいない夫婦に育てられ


しかし友人がいない。
夫にも頼めるような友人はいない。

「なかなか頼めるような人がいなくて…」

私は言った。
友人がいませんとは言えなかった。

このしつけ教室に通い始めてより強く感じるのは、そもそも私や夫に友人がおらず、誰とも関わらない生活をしているのが原因で、愛犬が人慣れしない子になってしまったのではないかという事。

子犬の頃から多くの人と接する環境で育っていれば、今よりは怖がりではなかったかもしれない。

そう思うと愛犬がうちに来た事が申し訳なく思う。

しつけ教室では色々なアドバイスをしてもらえるし、凄く参考になるので行って良かったと思ってはいるが、結局人に慣れたり怖がりや興奮するのを改善するのは私次第、私達の環境次第、という事になるのかな、と感じている。






***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり