***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ


***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



子供なんていてもいなくても同じ。そんな子供ならいない方がマシ

ころり

-




sad_202207031645171b5.jpeg

客観的に話が聞けない


今日も実母と会いイライラMAXのまま帰ってきた。

精神病院でのカウンセリングでは、母と上手く関わっていく為に、話を真正面から受け止めない事を勧められる。

「あぁ、またあんな事を言っているな」

そんな感じで客観的に話を聞くと、こちらの心を乱されないと。

そう説明された時には、「なるほど、そうしよう」と思ってはいたのだが、いざこうして母と会ってみると、いつの間にか母の沼の中に引きずり込まれてしまった。

とても客観的になんて出来ない。



子なしが老後に頼れるのはお金


今日、私は母に忙しい事をアピールした。

いつも暇だと思われると、何でも依存してくるから。

それで在宅ワークを増やそうと思っていると話すと、母は言った。

「そんなに頑張って働いてどうするの?お金ばかりが人生じゃないのよ」

そう言われたので私は、「子供がいない人は老後に頼れるのはお金しかないでしょ。今のうちに出来る限り頑張らないと」と言った。







あんな子供ならいない方がマシ


すると母は、「子供ねぇ~」とため息交じりに言い、「子供なんていても良い事ばかりじゃないわ」と言った。

私が黙っていると、「子供がいても邪魔扱いされて惨めな最期を迎えた人をたくさん見てきたわよ。あんな子供だったらいない方がマシ」と言った。

私はモヤッとした。
私はただ子なしはお金しか頼る相手がいないという事を言いたかっただけ。

それに、「あんな子供だったらいない方がマシ」なんていうセリフを言えるのも子供がいる人だからだと思う。

子がいないと、老人ホームを自分で見つけたり、手続きをしたり、費用を払って保証人を探したり、書類一つ書いてもらうにも誰かに依頼しないといけない。

このブログで何度も書いたように、配偶者を失った時も一人、配偶者の葬式も一人で行わねばならず、そんな時に仲が悪い子であろうが、いるのといないのでは全く孤独感や負担が違う。

子供なんていてもいなくても同じ


だがこれを何度母に言っても伝わらず、「子供なんていてもいなくても結局同じ」と言われてしまい、私はムカムカ腹が立ってきた。

さらにその後、「この歳になるとそろそろ娘に貯金や大切な書類の事を話しておかないとねってみんなで話してるの」と母は言った。

同年代女性の集まりで、そういう会話が出たらしい。

だ・か・ら!
それなのよ。

「娘に話しておく」という発想が既に子なしには無いのに。
子なしは何歳になっても大切な事を託す相手がいないという事が分かっていない。

それなのに「同じ」なんて言われるとイライラが止まらない。

帰宅してからようやく我に返り、客観的に会話をするはずだったのに…と後悔した。
だが私には母に対して客観的になるのがとても難しい。


>Pさん
お仕事の様子、興味深く読ませて頂きました。zoomやお化粧へのアドバイスも大変助かります!参考にさせて頂きますね。







***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり