***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ


***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



子ありを羨む時期は過ぎた?子連れ集団が気にならなくなる

ころり

-




yuugure.jpg


夕暮れ散歩


今日は夫の帰宅が遅くなると言うので、夕方の太陽が沈みかけた時間に愛犬と散歩に出かけた。

愛犬が好きな公園へ。

しかし今日は日曜日。
それも3連休。

夕方遅い時間とはいえ、予想通り公園は家族連れでいっぱいだった。

幼児や小学生ぐらいまでの子供連れがほとんど。
親の年代は30代ぐらいだろうか。

そんな家族連れの中、私と愛犬はひっそりと歩いた。

子連れ集団が気にならなくなっていた


そしてふと気付いた。
それ程周囲が気にならない事を。

以前ならこの家族連れ、子供連れの集団の中にいるのが何よりも嫌だった。

自分に子供がいない事。
自分が引きこもり主婦である事。

孤独を実感させられ、自分と他人の違いを感じるばかりだった。

だが今日、今まで程気にならない自分がいた。







その時期は過ぎた


子連れの人達の世代が自分とはすっかり違ってしまったからかもしれない。
自分と同世代の女性達が子供を連れていると居心地が悪くてたまらなかったが、ここまで年齢が離れてくると自分とは別世界の人のように感じる。

あぁ、私も「子連れ」を羨む時期は過ぎたという事か。


私は愛犬に水飲み場で水を飲ませた。

すると3歳ぐらいの子供を連れた男性が近寄ってきて、「ほら、足を洗おう」と言っていたので、私は愛犬を抱いてその場を離れようとした。

その瞬間、私はその3歳児に洋服を掴まれた。

「わんわん!」

どうやら触りたいらしい。
万が一愛犬が噛んでしまってはいけないので、愛犬のお尻の毛だけそっと触らせてあげた。

子供は嬉しそうに笑った。
私もなんだか気持ちが和んだ。






***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり