***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ




初めて子供と離れる母親ってこんな気分?





dog_2022051316421747b.jpeg


―――前回の続き。

不安なまま行ってみたら余計に不安になった

数日前から下腹部がシクシクと痛み、不正出血もある。



私は最初から丸一日預けるのは不安で、事前に半日でお願いすると伝えてあった。

「14時頃にお迎えに来て下さい」

そう言われ、さらに私はお願いをした。


しばらく様子を見たい


「今日は何匹いますか?いきなりたくさんのワンちゃんと会うと怖がると思うんです。どんな様子かしばらく見せて頂きたいのですが」

ドッグスペースは受付の奥にあるようなのだが、ここからはその様子は全く見えない為、どんな犬がいるのか、雰囲気なども分からなかった。
このまま受付で預けるだけなんてとても無理。心配し過ぎだと思われようが、しばらく傍で愛犬の様子を見ていたかった。

そしてもしあまりにも怖がるようなら、そのまま連れて帰ろうと思った。







二匹だけの空間


すると受付のすぐ横にも、6畳程のドッグスペースがあり、そこに「どうぞ入って下さい」と言われた。

犬も誰もいないそのスペースに、私は愛犬を抱いたまま入った。

そっと床に愛犬を下ろすと、クンクンと匂いを嗅いで、予想外にウロウロと興味津々で歩き回っている。

するとその後、店主が奥の部屋からポメラニアンを抱いてやってきた。

「この子はうちの子なんですけど、すごく大人しいので」

そう言いながらポメラニアンも床に下ろされたが、愛犬はチラッとそちらを見ただけで近寄らず無視している。ポメラニアンも近寄って来ない。

同じ空間にただいるだけ。

別に犬と仲良くなって欲しいとまで望まない。
ただ怖くない存在だという事が分かってくれればいい。

そういう意味で、このポメラニアンは最初の相手として丁度良さそうだった。

「この子となら大丈夫そうですね」

私はそう言った。
店に来た瞬間は不安だったが、店主もしばらく会話をしていると無愛想ながらも悪い人ではなさそうな気がしてきた。

このドッグスペースなら受付の横なので店主からもずっと目が届くし、二匹だけで過ごせるのなら心配ないだろう。

そう思い、私は愛犬を置いてその店を出た。

初めて愛犬と離れる。
子供を幼稚園に預ける母親ってこんな気分なのだろうか。

そんな事を考えながら一人家に戻った。


―――続きます。


驚きのあまり茫然。預けてしまった事を後悔する

お迎えの予定時間になり、私はソワソワしながら犬の幼稚園に向かった。








***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり