***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ




過保護過ぎるからダメなんだよ





220413.jpeg


――前回の続き。

帰りたくなるカフェ。来てしまった事を後悔した

リラックス出来るように先日、また別のドッグカフェに行ってきた。



居心地の悪い時間


注文した後しばらくすると、その金髪店主が厨房からこちらを見て言った。

「ご飯が切れてるから、今から炊くので待って」と。

正直、「では結構です」と言って店を出たかったが、雰囲気が怖くてそれも言い出せず。

チラリと夫の顔を見ると、完全に不機嫌になっていた。

そしてご飯が炊きあがるまでの間、その店主はまたビールケースの上に座り、また煙草を吸い始めた。







守ってはいけない


愛犬は慣れない場所に緊張していたので私の膝の上に抱いた。

すると看板犬達がクンクンと匂いを嗅ぎにやってくる。
愛犬が怖がり、私の腹に顔を隠したり、逃げようとした。

これ程たくさんの看板犬がいるとは思ってもおらず、刺激が強過ぎたか…と思っていた時、その様子を見ていた店主が言った。

「その子、まだ子犬?」

「はい」と私が答えると続けて店主が、「そうやって守って抱いてるからダメなんだよ。リードを外して放っておきな」と言った。

え?でも…大丈夫?

「いいから、犬は自分で学習するから」と再度言われ、私はそっと愛犬を床におろした。

ここの看板犬達が温厚で、攻撃される事はなさそうだと思ったので。

すると案の定、たくさんの犬に囲まれる愛犬。
様子を見ていると、やはりとにかく逃げる。尻尾は下がり、ただただ怯えている。


性格はそれぞれ


私は見かねて、すぐにまた抱き上げた。

すると店主がすかさず、「駄目、そこで放っておかないと」と言った。

しかし私には出来なかった。無理強いをしているようで。


そしてそれまで黙っていた夫が隣から強い口調で店主に言った。

「その子によって性格がありますから!」

店主は黙ったが、あちらも不機嫌になったようだった。


その後の気まずい事。
狭い店内。目の前に店主が座ったままで逃げ場がない。

一応ランチは出てきたが、店主は無言だし、こちらもとにかく早く食べて店を出たいばかり。

食べるのが遅い私を夫が待ちきれず、隣から箸が伸びてきたと思ったら、夫が私の分もほとんど食べた。

帰宅途中に聞くと、「一秒でも早くあの店から出たかった」と言っていた。

ネットのレビューでは良い評判だったのだけど。
私達が過保護過ぎるのだろうか。
でもあの雰囲気にはとても馴染めず、店内も汚かったし、二度と行く事はないと思う。






***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり