***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ


***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



帰りたくなるカフェ。来てしまった事を後悔した

ころり

-




220412.jpeg

リラックス出来るように


先日、また別のドッグカフェに行ってきた。

愛犬の人や犬への恐怖心が強く、攻撃性も高くなってきた為、少しでも慣れて欲しいと焦る。

このままでは散歩だけでなく、トリミングや病院に行くのも大変だ。
何より愛犬自身のストレスが可哀想に思う。
もっとリラックス出来れば楽なのに…と、まるで私自身に言っているような言葉だが。

このまま2、3歳になってしまえば仕方がないが、今はまだギリギリ子犬。
今ならまだ社会化を頑張る意味があると思い、ネットで探したドッグカフェに行ってみる事にした。







犬だらけのカフェ


今回も夫に同行を頼んだ。
このドッグカフェは男性が経営しているらしい。

店に着くと、外観からちょっとイメージと違った。
あれ?写真だともっと広くて綺麗に見えたのに。

そして店内に入ると、ドドドドッとたくさんの犬が走り寄ってきて歓迎してくれた。

6~7匹いただろうか。
それも小型犬から大型犬まで。
もちろんノーリードなので、私にも思いっきりジャンプして飛び掛かってきて、元気いっぱいの子達だった。

戸惑いながらも、店に入ってしまったのでとりあえず席に座った。

このたくさんの犬達はこのドッグカフェの看板犬らしい。
どの子も穏やかで社交的な雰囲気だが、うちの愛犬は圧倒されて震えながら夫に抱かれていた。


煙草の男性


その様子を、ジーっと何も言わずに煙草をふかしながら見ている男性がいた。
金髪に無精ひげでタトゥーの男性。
ビールケースの上に胡坐をかいて座っている。

ドッグカフェのイメージとはかけ離れているように見えた。

しばらくしてその男性が、「ランチでいい?」と私に聞くので頷いた。

何だか…居心地がかなり悪い。ちょっと怖い。
今まで行った事があるドッグカフェの中でワースト1ではないだろうか…と、私は早く帰りたくなった。


―――続きます。

過保護過ぎるからダメなんだよ

注文した後しばらくすると、その金髪店主が厨房からこちらを見て言った。






***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり