***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ




嫌だと言ってしまった自分に落ち込む





220107.jpg


それだけで終わらなかった。

実家から帰ってきた翌日、また母から電話があった。

「今から来なさいよ」

はぁ?何を言っているのか。昨日行ったばかりではないか。

そう母に言うと、「昨日ゆっくり話が出来なかったから。今日も暇でしょ?」と言う。

前日、母の話を聞き続けるのが嫌で、早々に帰ってきてしまった。
それが母には物足りなかったのだろう。

「用事があるから」

私は言った。
するとやはり、「用事って何?その帰りでもいいから来なさいよ」と諦める気配はない。







「忙しいのよ」と私が言うと、「それならこっちから行くわ。夕方ならいるでしょ?」と返ってきた。

「もうやめて。兄と二人でいればいいじゃない!」

と、思わず私も口調が強くなり投げ捨てるように言ってしまった。

すると母は、「兄もころりの家に行きたいみたいよ」と言い始めた。

そんな訳がない。あの私に興味のない態度からそんな風には到底思えない。

私は嫌だと断り、強引に電話を切った。

切る直前、「嫌ってそんな言い方…」という母の声が電話の向こうから聞こえていた。


電話を切った後、私は興奮状態で怒りでいっぱいだった。

どうしていつもこうなのか。
そしてどうして私はこんなに嫌なのか。

冷静に考えれば、ただ家族に会うだけの事。
たとえ連日会う事になろうが、それの何がいけないの?と思う人も多いだろう…と想像する。

他人のブログを読んだり、周囲の人を見てみても、当たり前のように実家に帰り頻繁に交流している人も多い。

そう思うと自分がいかに偏屈で強情なのかと思えてきて、怒りが悲しみに変わってきた。

私の気持ちを感じてくれない母に腹が立つが、そんな母を受け止められない自分にも落ち込む。

昨日も一日中頭から離れず、気付けば涙がダラダラと流れる…そんな繰り返しだった。






***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり