***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ


***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



良性発作性頭位めまい症になりやすい寝返りをしない人

ころり

-




211214.jpeg


「良性発作性頭位めまい症」の原因をネットで調べてみると…

長時間同じ姿勢でいるデスクワーク
低い枕で寝ている
寝返り回数が少ない


などが原因になりやすいらしい。
耳鼻科の医師も全く同じ事を言っていた。

これがまさに!全て私に当てはまる。

仕事はデスクワークだし、それ以外でもパソコンを見ている時間が長い。

そして低い枕。
実はいつの頃からか、私は枕を使わなくなった。
枕が高いと肩や首に力が入り、歯ぎしりが酷くなっているような気がしたから。
それで完全に枕無しで寝る日もあるし、少し物足りないと感じる時にはバスタオルを折り畳んで低い枕代わりにする事もあった。
この状態になってから10年程経つ。

そして寝返り回数が少ない。
これも、私は就寝時に全く寝返りを打たないと自覚があった。
というのも、愛犬と寝るようになってからずっと。
愛犬は毎晩私のお腹辺りにベッタリと密着して眠っていた為、私は体の向きを変え辛かった。
愛犬が私に密着していない時でも、常にすぐ近くにいるので、私の体が無意識に愛犬に怪我をさせないよう寝返りを打たなくなった。







一方、夫の方は愛犬と寝ていても平気で寝返りを打っていた。

それでよく愛犬を踏みつぶしそうになり、深夜に愛犬の「キャンッ!」という鳴き声で飛び起きたりもした。
そしてそのうち愛犬は夫とは寝なくなり、私はますます寝返りを打たなくなっていくという事になり…。

今現在も、子犬と一緒に寝ている。

そして愛犬の時以上に子犬は私の体に圧し掛かるようにして密着して眠る。
当然寝返りは打てない。というか寝返りを打ちたいとも感じない体になってしまった。

多分、それらの事が積み重なり、全身がガチガチに固まっているのだろうと思う。

なのでこの2日間、寝返りを打つ練習をしている。
こんな事を意識的にしないといけないなんてバカバカしいが、「よし、今から寝返りを打つぞ」と意識しないと体が自然と動かない。

その度に子犬を横に寄せて離すようにしているが、子犬は「どうしたの?」という顔をしてこちらを見ている。

私は寝返りに慣れ、子犬は離れて寝る事に慣れてもらわねば。


※皆さん優しいコメントありがとうございます。






***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり