***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ




私ならもっと上手く育てられる。その自信はどこからくるの?





211125.jpeg



実家に子犬を連れて一緒に行ってきた。

前の愛犬の時から私は可能な限り実家に行く時には犬を連れていくようにしている。

その理由は単純に犬が留守番をするより私と一緒にいる事を喜ぶというのもあるが、もう一方で犬が一緒に行く事で母との重い会話の内容を少しでも避ける事が出来る…というのもある。

私は母が重い話をし始めても犬に目線を向けたり撫でたりして、何とか間を持たせる。
又、犬がいい感じに会話を奪ってくれる為、嫌な話も途中で途切れたりする。

以前、子ありの主婦も同じような事を言っていた。

「実家に行く時は子供と一緒だと騒がしくて救われるけど、自分一人で実家に行くと息が詰まる」と。

それを聞いた時、やはり子供やペットはその場を和ませてくれる大きな存在だと改めて思った。

親も子も、互いに歳をとってくると真正面で向き合い会話をするなんて重過ぎる。少なくとも私は。







天気やテレビの話しだけをしてくれるのならいい。
だが高齢の親から聞く話は、他人の噂話や、お金、介護、病気の話しばかり。
それでも相手は高齢なので何とか受け止めようとするが、その会話のゴールをいつも私に結びつけるので嫌になる。

昨日なんて私の母は、「この世に生まれてきてあなたは幸せだったのか」なんていう重苦しい話をし始めたのでうんざりした。

そして昨日は子犬の事でも…。

子犬は他人を警戒する。
少しでも人に慣れさせようと思い連れて行ったが、母とは距離をとって座った。

子犬は大人しく私の膝の上で座っていたが、そんな様子を見て母が言った。

「私のところに置いておけば普通に育つと思う」と。

子犬がこのように臆病で人に懐かないのは、私の育て方が間違っているからだと言うのだ。自分なら上手く育てられると。

私はこんな話を聞かされる為にここに来たのか?と思うと腹が立って仕方がなかった。
もし私に子供がいたら母から子育て論をどれ程聞かされたのかと思うとゾッとする。

実際母が育てた娘がコレなのに、どうしてあれ程子育てに自信があるのか理解出来ない。






***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり