***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ




嫁に「あなたのお母さん」と言われて絶句





211124.jpeg


今朝早くに義母から電話があり、私が電話に出るなり涙声が聞こえたので何事かと思った。

「私…辛いわ。酷いのよ」

グスグスと鼻を鳴らしながら言うので一体何を言いたいのか要領を得ず、しばらく黙って聞いているとやはりまた義兄の妻の事らしい。

「昨日の夜も腹が立って眠れなかったわ」

「はぁ…」

何とも返しようがなく適当に相槌をうちながら私は義母の泣き言を聞いた。

昨日、義兄夫婦が実家に来たらしい。

そして義兄が義父と庭に出たので、少しの間義母は嫁と二人きりになったと。

義母は人見知りなタイプで、好き嫌いもハッキリしている。
長年付き合った知人や身内だけに囲まれて生きていたい人で、それ以外の人と話すがの苦手だ。

それでも昨日、新しい嫁と二人きりになった。

相手は無口な若い娘。

ここは自分から話題を作って場を持たせなければならない…と義母なりに頑張ったらしい。

でもこちらが何を話しても、「はい」「別に」という単語が返ってくるだけ。
時には返事さえ無い。

沈黙は気まずいと思い義母がテレビを見て空笑いをしてみても、素知らぬ顔をしてスマホをし始める嫁。







そして義母が、「あそこの店まで車で何分ぐらいかしらね?」と世間話の流れで嫁に質問した時、義兄が部屋に戻ってきた。

すると嫁は、「あなたのお母さんが聞きたい事があるらしいわよ」と義兄に言ったと言う。

その言葉を聞き、義母は絶句したと。

まるで他人事のように義母の問いかけを義兄に振った事。
そして何より「あなたのお母さん」という言い方にカチンときたらしい。

「あなたのお母さん」って…嫁のお義母さんでもあるのよ!!と、電話口で何度も繰り返し、「あんな言い方をするって信じらない子だわ」と怒っていた。

私はその話を聞いて真っ先に思った。

私、お義母さんにずっと「そこの女の子」と呼ばれていましたよね?

そう言いたかった。

私が結婚した当初、義母は私の事を名前で呼ばず、目も合わさず、直接話しかけもせず、ずっと私の夫に向かって「そこの女の子はどうするの?」「その子はここに座って」など、ずっと三人称で呼ばれていた。

今の義兄の妻の態度は、まるであの頃の義母と同じ。

私は義母に言った。

「人見知りなんですよ、きっと」

すると義母。
「そんな問題じゃないでしょ。礼儀知らずだわ」

自分が同じ態度だったという事を忘れてしまったのか…そもそも自覚がなかったのかもしれない。






***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり