***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ




暗い部屋で横たわる親を見て思う事





211103.jpeg


先日、不用品処分の話で実家に行った時の事。

価値を理解して感謝してくれる人に譲りたい

実家の母が、不用品を処分して欲しいと言う。




話の途中で、母が「今日は朝から眩暈がして体調が悪い」と言っていた。

その割にはペラペラと口だけは動き、自己主張のパワーもいつも通り。

これはきっとまた、「心配して欲しいアピール」なのだろう…と思った。

「薬は飲んだの?」と私が一応聞くと、母はゴソゴソと薬袋を出してきて私の目の前で服用し、その後はそのまままた不用品の事を興奮気味に話し続けた。

その後、私は実家を出てスーパーに寄ったのだが、そこでふとスマホが無い事に気付いた。

しまった、実家に置いてきてしまった…。







また母に会うのは億劫だな…と思いつつ、仕方がないので慌てて実家に戻った。

スマホが手元に無いので、母に「今から戻ります」の連絡も出来ず、母が私のスマホに気付きスマホケースに挟んだカードやメモなどを見られたりしていないだろうか…と、そんな事を気にしていた。

そして実家の玄関ドアを開けると、室内が真っ暗なので一瞬留守なのかと思った。

しかし玄関の鍵は開いている。

母を呼びながら部屋に入っていくと、母はカーテンを閉め真っ暗な室内の真ん中で、横たわって寝ていた。

「スマホ、そこに置いてるよ」と言う母。

やはり気付いていたらしい。

「どうしたの?」と聞くと、眩暈が酷いから寝ていたと言う。

病院に行かなくていいのかと聞いたが、寝れば治ると思うと言う母。

それでも私はこの真っ暗な部屋の中で寝ている母を一人で残して帰りづらく、「大丈夫なの?」と何度もくり返し聞いた。

結局母が平気だと言うので、そのまま残して実家を出たが、その後もあの暗闇で見た母の姿が頭から離れなかった。

物凄く捻くれた見方をすれば、母がスマホに気付き、私が戻ってくる事を予想して、これもまた心配して欲しいアピールなのかもしれない。

だがそれでも母のあの姿を見ると、私は罪悪感でいっぱいになった。

鬱陶しいけど心配もしてしまう。そんな存在が親なのかもしれない。






***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり