***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ




私にとって唯一の女性の相談相手





photo_20211015094327748.jpeg


10年程前までは、年に数回、昔の友人から連絡がある事もあった。

だが皆子育て真っ只中。
私の方は鬱真っ只中で、他人と会話をする事が苦痛でしかなく、そのうち疎遠に。誰からも連絡が来なくなった。

今では他人と会話をする事はほとんど無い。
時々近所の人と挨拶程度に話すぐらい。

そんな中、私の唯一の話し相手は夫だ。
夫が私と社会の接点と言える。

だがやはり夫は男性目線。
女性特有の悩みや体調の事など、夫に相談しても分からない。

そこでまた登場するのがタキさん。









私が体調の事や病院の事などで悩んでいると、「明日会社でタキさんに聞いてきてあげるよ」と夫が言う。

それでよくタキさんにおすすめの病院を教えてもらったり、更年期の事でもアドバイスを貰ったりした。

少し前まで働いていた仕事を辞めようか悩んでいた時も、タキさんは「絶対辞めた方がいい。私ならそんな会社はすぐ辞める。ストレスでまた体調を崩すよ」と言ってくれた。

ここ数年、私にとって女性の相談相手というと唯一タキさんだけだったような気がする。

もちろん直接会って会話をする訳ではないので、参考程度に一言、二言助言してくれるだけ。だけど他に相談できる相手がいない私にとっては有難かった。


もうこれからは夫からタキさんの話題を聞けなくなると思うと寂しい。

それに、タキさんもこれから仕事もせず一人で寂しくないのだろうか?

「タキさん、毎日家で何をしてるんだろうね。友達っているのかな」

私が夫にそう言うと、夫が言った。

「一人だけいるらしいよ、友達」


―――続きます。


60代で出会う新たな友人

タキさんに友人がいるというのは意外だった。





***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり