***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ




新しい朝、また会話する暮らしが始まる





morning.jpeg


朝、目が覚めた時、何とも言えない気分だった。

嬉しいような、緊張するような。

この家にまた犬がいる。

子犬は1階のリビングに置いたケージで夜を過ごした。
私達は2階の寝室で寝るのでひとりぼっち。

まだ子犬のうちはしばらくこのスタイルでいこうと思うが、それにしても気になる。

昨夜もベッドに入り、鳴いていないか、暑くないか、寒くないか、気になりなかなか寝付けなかった。

朝もかなり早くに目が覚めてしまい、とてもジッとしていられず起き上がりリビングに行った。

リビングのドアを開けるとすぐ目の前にケージがある。

その中に置いたタオルケットの上で、子犬はチョコンとお座りし、こちらを見ていた。
隣に置いたトイレシートの上にはちゃんと排泄が出来ていた。

「おはよう、眠れた?寒くない?」
「おトイレちゃんと出来たね、凄いね、偉いね」

話しかけてみて気付いた。
久々に誰もいない部屋で声を出した事を。

またこうして犬と会話をする暮らしが始まる。







ペットショップから家に来た日は夜遅かった為、そのまますぐにケージに入れて眠った。
なのでゆっくり触れ合うのはこの日が初めて。

私はケージのドアを開けて子犬を呼んだ。

「こっちにおいで」

しかし子犬はケージの奥に逃げてしまい、なかなか出て来ようとしない。

私は子犬が怖がらないように、ケージの前に寝転がり低い姿勢になり、手をブラブラと動かして「おいで、怖くないよ」と言いつつしばらく待った。

だがこの子犬、なかなか用心深い。

一歩進んで二歩下がる…みたいな。

そして何とか子犬が怯えつつもケージから出てきた。
私は子犬を抱いて話しかけながら、愛犬の骨壺と写真の前に立った。

「よろしくね」

そう声に出そうとしたが涙が出そうで声は出せず、心で愛犬に子犬を紹介した。






***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり