***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ




似てる子





dog_20210830093949a6e.jpeg


日課のように保護犬やペットショップのサイトを見ている。

また、地元の愛護センターの里親募集などをチェックしたり。

しかし心のどこかで愛犬の面影を探してしまう。

犬種に拘りがある訳でもなく、どの子も可愛いし猫も大好きだ。
愛犬がいる頃には、あの子もこの子も迎えたいという気持ちがあった。

だが愛犬がいなくなった今、どの子も可愛いのに愛犬と同じ犬種にしか目がいかない。

その犬種が好きというより、私達のあの子を探してしまう。


そんな風に私も夫も毎日あらゆるサイトで子犬ばかり見ていた。

そして愛犬に似ている子を見つけては、互いにその画像を見せ合い、「似てるね」と言いながら温かくも切ない気持ちになった。

先日も私は同じ調子でスマホで検索し、何気なく夫にあるサイトの子犬を見せた。

「この子も可愛いよね」

愛犬にそっくりという訳ではないが、どこか恍けた表情に見ているこちらが思わず笑ってしまう。そんな所が愛犬と似ていた。

夫は私のスマホを手に取り、その子犬を見つめた。

だが返事が無い。

「どう?何となく似てるよね?」

私がそう言ってみてもやはり返事が無い。







スマホで夫の顔が隠れていたのでよく見えず、私は体を傾けて夫の顔を覗き込んだ。

すると夫、涙でいっぱい。
言葉が出ない様子。

今までペットショップに出掛けたり、一緒にサイトの子犬を見たりしても、私達は笑顔になる事が多かった。可愛いね、やっぱり犬は癒されるね、そんな気持ちだった。

なので今回のように子犬の写真を見て夫が泣く事は初めてだった。

「大丈夫?」

私がそう言うと、夫が絞り出すように言った。

「…似てる」

私が思う以上に夫にとってはその子犬が愛犬にそっくりらしい。

「そうかなぁ。確かに雰囲気は似てるし可愛いけど、私はそこまで泣く程では…」と私が言いかけると夫がまた言った。

「…似てる」

どうやら夫のツボにハマってしまったらしい。

私達はその子犬に会いに行ってみる事にした。






***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり