***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



思い出の子にならないで





dog_2021080422162868a.jpeg



昨日、夫とペットの話しになり、その流れから夫が愛犬の事を言った。

「僕はやれるだけの事を十分やったから、あの子は幸せだったと思う」と。

私はなぜか心がモヤッとした。

夫と一緒になり、「そうよね、私達はやれるだけの事は十分やったわよ」と手を取り合って笑い合う事が出来ない。

私はむしろ、

もっとこうしてあげたかった
もっと出来た事があるはず

という思いがいつまでも消えない。多分この先もずっと消える事はなく、ずっと思い続けると思う。

それはほんの些細な事ばかり。

ずっとこちらを見つめていたのに、無視してパソコンをしたりテレビを見たり…。
留守番が苦手なのに置いて出掛けてしまったり…。







それは人と暮らせば仕方のない事。
ある程度はこちらの生活に合わせる事を覚えさせないと、ただのワガママ犬になってしまう。

言い訳のようにそう自分に言い聞かせ、愛犬を蔑ろにした瞬間が無かったとは言えない。

今になってその一つ一つを思い出し、愛犬の訴える瞳が頭から離れず、胸が苦しい。

ごめんね。
ワガママでもいい。もっともっと愛犬が笑う瞬間を増やせたはずなのに。

その想いが強過ぎて、夫のように「十分やった」とは思えない。

それを夫に言うと怒られた。

「どうしてそう後ろ向きなの?僕の気持ちまで落とすなよ」と。

「折角二人で前向きに暮らしていこうとしているのに、ころりの気持ちに合わせていると、いつまでもウジウジと泣いて暮らさなければならない」と言い、夫は感情が高ぶり泣いていた。

私もまた蓋をしていた気持ちを開けてしまい、涙が止まらなくなった。

夫の言うように、「私達はよくやったよね。あの子は幸せだったよね」と笑って話すのが正解だと思うが、何だかそうする事で愛犬が「思い出の子」になってしまうようで、なかなか受け入れられない。







***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

わたしの時間。
撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり