***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ


***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



打つまで言われ続けるワクチンハラスメント

ころり

-




photo_20210710095015014.jpeg



連日母への愚痴ばかりで読む方もウンザリしていると思いますが…すみません、今日も母の愚痴。

頼まれた収納ケースを持って実家に行った時、母は私に言った。

「子供に頼ったり依存したらいけないと思ってるのよ。でも犬に依存するのはもっとダメね」

???

何を意味するのか?何を言いたいのか?
よく分からない。

だが私はとても嫌な気分になった。

私に頼み事をして実家に来させたのに、その娘に対してまだ何か説教をしたいのか?

私は返事をしなかった。

だんまり。

嫌な気分になったものの、どう返してよいか分からなかったし、たとえ何か返したところで、また輪をかけて何か言われるだけだろう。







すると今度はコロナワクチンの話になった。

母は既に2回目の接種を終えている。
友人達の間でも母は一番に接種の予約をしたらしく、「私がどんな感じだったか後で教えてあげる」と皆に言って、実際そうしたらしい。

早くにワクチンを終えた事で、母はなぜか自慢げ。

そして会う度に私にいつ打つのか?と聞くので、今回も私は「分からない」と答えた。

というかワクチンを打つ、打たないも決めかねている。

引きこもり主婦にコロナワクチンは必要か?

高齢者がコロナワクチンを打ち始めた時には、当然自分も打つものだと思っていた。



とりあえずは急がなくても、まずは周囲の様子を見てから…と思っているのだが。

やはりこの日も母はまた説教を始めた。

「自分が良くても人に移したらいけないって思うの」

そう言いながら私を指さし、その指を自分に向けた。

私だって最初は親の為にも打っておくべきかと思っていた。しかしこう何度も強制されると心に反発心が芽生える。

夫の親は自分の事で頭がいっぱいで、私がワクチンを打つ打たないには興味がなさそう。
それに関して私には何も言わないので、だからこそ夫の親の為には打った方がいいかと思える。

しかし実母と話していると、ワクチンハラスメントという言葉が浮かび、自分が打つのは自由だが、打たない人にどうこう言わないでくれと思う。

母が友人達にも同じ口調で責め立てているのなら、きっと相手も迷惑。

でも結局その話題でも私は何も返せず、だんまりだった。






***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり