***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ




嫁二人への対応の違い





photo_2021062110371252c.jpeg


父の日。

夫と二人で義実家に行ってきた。

今年の母の日は、私も夫も精神的に最悪な時で、初めてスルーした。

以前から義母は「母の日に何もいらない」と言う人。
それだけ聞けば良いように思うが、その言葉の後に必ず、「その分のお金を私達の介護の為に使って」と言う。

一方、私の夫は義母が何と言おうと、母の日には何かしないと気が済まない人。
それで今までは毎年何か渡したり食事に行ったりしていたのだが、さすがの夫も今年は気持ちが落ち込み過ぎて母の日の事は忘れていた様子。


それでこの父の日に、義母の分も合わせてプレゼントを用意した。

夏場に使えそうなタオルケットをお揃いで。
自分が貰えたら嬉しいもの、実用的で良さそうなもの、という事でそれを選んだ。







義実家に行くと、義兄夫婦がいた。

義兄はここ数年、実家に寄りつかなかったのに、最近頻繁に顔を見せているらしい。

義兄の妻はかなり若いのだが、私からの関係は義姉。

しかしあまりに年下過ぎて、「お義姉さん」とは呼びづらい。
親しい関係なら「〇〇ちゃん」と呼びたいところだが、そんな雰囲気でもなく、無難に「〇〇さん」と呼ぶ事にした。

だが義母は私が知る限り、その新しい嫁を名前で呼んでいるのを見た事がない。
それどころか目を合わせる事もないような…。

なので私とその若い義姉が一緒にいると、義母は私にばかり「ころりさん、ころりさん」と話しかけにくる。

あまりに露骨なので私の方が気を使い、若い義姉にも話を振るのだが、こちらもまた反応が薄く、「…さぁ」「…うん」と答える程度。

大人しい風には見えないのに、とにかく話しづらい。
私に言われたくはないだろうけど。

いつも以上に気疲れしたが、少なくとも義兄が実家に寄り付くようになった事は嬉しい。
今後義母が少しでも義兄と仲良くなり、次男夫婦から気持ちが離れてくれればもっと気が楽になるのだが…。






***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり