***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ


***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



縛られる幸せ

ころり

-




photo_20210617095143337.jpg



近所の人に、「最近犬を見ないね」と言われる事が多くなった。

今まで私が近所の人と会う時は大抵犬の散歩の時であり、私を見ればいつも犬が一緒にいるのが当たり前だったのだと思う。

それで聞かれる度に愛犬が亡くなった事を伝えるのだがその時、「これからは身軽になるね」と言われる事が何度かあった。

もちろん「身軽になって良かったね」とまでは言われないが、「身軽になるね」という言い方や表情から前向きなものを感じる。

相手は悪気がある訳ではなく、慰めの一つとしてそう言ってくれたのかもしれない。
だが私はそれを言われる度に、「そうじゃないんだけどな」と思う。







確かに愛犬がいる時には旅行はもちろん、ほんの少しの外出さえも気を使った。
放っておいても少しぐらい留守番をしてくれるのだが、私の方が外で何をしていても犬の事が気になり、何よりも犬と一緒にいる方が幸せで外出したいと思わなかった。

愛犬がいなくなった後、落ち込む夫に私は言った。

「外食とか旅行とか、ゆっくり出掛けられるよ」

すると夫は言った。

「全く行きたいと思えない」

その通りだった。私も言ってみたものの、夫と同じ気持ちだった。

そして夫が言った。

「縛られる事が幸せだった」

犬がいると生活に制限が出来る。
早く帰らなくては…
犬連れだと入れない店…
夜鳴きで眠れない夜…
疲れていても行かなくてはいけない散歩…

それらから解放されても幸せではない。
愛犬がいる生活に縛られる事が私達にとって幸せだった。






***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり