***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ




憂鬱の上塗り





dark_20210603083541a76.jpeg



―――前回の続き。


コロナ禍でも意外にゆるい微熱チェック

微熱が続き、深夜には寝汗で目が覚め、



内診で子宮頸がん検査が終わると、医師が言った。

「ポリープが出来ているので取っておきます」

私は頻繁に子宮頚管ポリープが出来る。
過去にも内診する度と言っていい程、よくポリープが出来ていて、その度に取っている。

内診は少しでも早く終わって欲しいので嫌だな…と思ったものの、ポリープを取る事自体はそれ程痛くないのも分かっていたので、「はい」と答えた。

そこから医師がポリープを取り始めたのだが…

これが長い!!
物凄く時間がかかってしまった。

取りずらい場所なのか、根が深いのか、とにかくカチャカチャと器具を動かしなかなか終わらない。

無意識に私も足や腰に力が入り、手を握りしめていた。

さらに激痛では無いものの、今までと違って痛い。
そのうち自分の足がガクガク震えているのが分かった。

痛いからなのか、時間が長過ぎるからか…

痛さよりも足の震えが恥ずかしくて、必死で自分で止めようとするが止まらない。

医師が、「大丈夫ですか?気分が悪くないですか?」と気遣ってくれたが、そんな事より早く終わって!と願った。







ようやくポリープが取れ、内診室から出た時にはグッタリ。
この程度で震えるなんて、もっと大変な診察の時はどうなるのだろう…と不安。


その後、医師の説明を受け、私は気になっていた事を質問した。

「貧血で微熱が出る事がありますか?」

医師は、「それは聞いた事がありません」と答えた。

私は簡単に最近の体調不良を伝え、「更年期障害なのかと思って…」と言うと医師は、「まだ生理があるのだから更年期障害という事はないと思います」と言った。

そして、「鉄剤服用で貧血が改善しなければ、手術になります」と言われた。

帰り道、私は重い気分でいっぱいだった。






***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり