***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ




帰りたくなる気分で在宅ワークの面接





door.jpg


先日連絡があった在宅ワークの仕事。

今日は面接に行ってきた。
あれからもなぜか気乗りしなかったが、「どうせ関わらないのだから。在宅ワークなのだから」と自分に言い聞かせた。


在宅ワークの応募結果、面接の連絡

スマホに着信があり、知らない番号だったので調べてみると、先日応募した在宅ワークの会社からだった。


電話越しに伝わる殺伐とした雰囲気が気になる。
面接相手はあのハキハキとした口調の女性なのだろうか。

私はこんな性格だが、意外と面接は緊張しない方だった。今までは。
仮面を被るのが得意な為、つい面接では良い顔を(明るく)してデキル女を演じてしまうので、すんなり採用される事が多い。

だが初出勤日になると急にテンションが落ち、手が震え始め、自己紹介では声がオドオドしてしまう。
さらに勤務し続けるうちにその症状に拍車がかかり、仮面が剥がれ暗くて地味な私が周囲にもバレてしまうというパターン。

しかし今回は珍しく面接に行く前から緊張していた。というか既に落ち込んでいた。
まだ会ってもいない相手に、「暗い人だと思われそう」と構えていた。







その会社は小さな建物で、静かな路地の奥にあった。

人の気配がなく、営業しているのかどうかも分からない程ひっそりしてる。

私はインターフォンを鳴らしてみた。

すると誰も出てこない。
面接場所を間違えてしまったのか?
しかし看板は合っている…時間も合っているはず…。

途方に暮れつつ、再度インターフォンを鳴らすと、ようやくバタバタという音がして女性が顔を出した。

「何か?」

私と同年代か…少し年下かという感じ。
全く笑顔がなく、むしろ怒っているようにさえ見える。

「今日の〇時からの面接に参りましたころりと申します」

私がそう伝えると、「…え?あぁ…」と、知らなかった様子。
そして一瞬間をおいて、そのままドアが閉まった。

閉められたドアの前で立ち尽くす私。
どうなってるのーっ⁉内心帰りたい気分になっていた。

すると1分程経ち、再びドアが開き女性が顔を出したのだが、今度は先ほどとは違う女性だった。

「面接の方?どうぞ」と言われ、ようやくその建物に入る事が出来た。


――続きます。

目を合わさない面接

―――前回の続き帰りたくなる気分で在宅ワークの面接先日連絡があった在宅ワークの仕事。









***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり