***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ




意外な心遣いで気持ちが揺らぐ





ok.jpg


今日も愛犬の体調が悪い。

ほとんど動けずトイレまで歩く事も辛そうなのに、何とかその場所まで行こうとして、でもたどり着けずに途中でお漏らしをする様子を見て悲しくなる。

どこでお漏らしをしてもいい。
無理せず布団の上でそのまま垂れ流してくれてもいいのに。

それでも教えられた場所に行こうとする愛犬が不憫でならない。

この様子ではとても放っておけない。
しかし昨日は親だったが、今日は仕事の予定があった。

昨日の時点で無理そうだと思っていたが、やはり今朝から様子を見て、会社の社長に電話をした。

「犬の調子が悪いので休ませて頂けますか?」

この社長はペットを飼った事がないと以前聞いた事がある。
時々会話をしていても、興味が無さそうなのが伝わってきた。

なので「犬の為に休む」なんて、理解してもらえないだろう…と覚悟しつつ言ったのだが、意外にも社長は快く了承してくれた。







「分かりました。また都合の良い日に来て下さい」

何て適当な…いや、臨機応変な会社なのだろう。
普通ではあり得ないのでは?

だが逆に言うと、私がいかに役立っておらず、いてもいなくても良い存在だとという事が分かる。

「勝手を言ってすみません」

私がそう言うと、社長が言った。

「いや、僕も犬を触った事があるから気持ちは分かりますよ」

???

その返しの意味がいまいちよく分からなかったが、どうやら社長なりに私に合わせようとしてくれたらしい。

正直、この社長が苦手で、犬の事もあるしこれを機に辞めようかと思っていた(今も思案中)

だがそう決めた途端、こんな気遣いのある態度をされると、「あれ?私の我慢が足りないのかな?」と自己嫌悪になる。

とりあえず今日も犬のそばにいられて良かった。






***ランキング参加中***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***こちらも更新中***

撮影した写真・日常・感想など



関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり