***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ




いつか処分するのは私の仕事





sad_20210303203928d65.jpg



今朝早くから、実家の母からラインが届いた。

「雛人形を片付けるから来て」

私が断る事を前提としていない。来るのが当然だと思っている。

「一人で片付けられないの?」と返信すると、「無理だから」と返ってきた。

自分一人で片付けられないのなら、どうして毎年出すのだろうと思う。
さらに母は毎年、「雛人形を出しました」と友人や知人に連絡をする。

すると連絡をもらった人達は、わざわざ雛人形を見る為にうちの実家に来てくれるのだ。

だがさすがに今年は誰も呼ばなかった様子。







実家に行き話を聞くと、結局我慢できずに知人達には電話をして回ったようだが、「コロナ禍だから今年は報告だけね」と言い電話を切ったらしい。

そんな電話を貰った側はどんな気持ちなのだろうと思う。

「いい加減処分しようよ。私も毎年片付ける為に来るのはしんどいわ」

私が母にそう言うと、「私が死んだ後に処分してくれたらいいわ」と言う。

そう言われて思った。

実家には物があふれている。
使用してない部屋には物や家具が山積みで、ほぼゴミ屋敷のよう。

今や若い世代でも断捨離をしているというのに、母のような年齢なら尚更物を減らしていくべきでは?

なのに母は、「あれもこれもまだ使える」と、いつ使うのか分からない物に埋もれて生活をしている。

いつの日か、あれらを処分するのは私の仕事になるのだろう。
想像するだけで疲れそう。






***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり