座っているだけでいい仕事





office_2021021218495586b.jpg



昨年から行き始めた仕事。

週に2日…祝日があったり社長の都合だったりで、週1日になる事もあるので、もはやこれは仕事と言えるのかどうか…。

この会社、はっきり言って暇過ぎる。

何かやるべき仕事があり、必要だから雇われたのだと思っていたが、この数か月で様子が分かってきた。

どう見ても私は必要がなさそう。
社長一人でも十分出来る仕事量なのだ。

これまで私は何度か社長に言った。

「もし仕事が無さそうなら、休みにして頂いて結構ですので…」

本心はスッキリ辞めてしまいたいが、社長は「忙しい、仕事は山のようにある」と言い張る。
しかし渡される仕事は30分もかからず終わってしまい、「終わりました」と伝えると、社長はまた私の仕事を探す為に慌てふためくという繰り返し。







どうして人を雇ったのだろう。一人で働けばいいのに。

在宅勤務に切り替えるという話もどこかに流れてしまったが、この様子を見ていると在宅に持ち帰る仕事なんてある訳がない。

こうして時々でも外に出ようと思ったのは、親への言い訳を作る為でもあるのだが、いざその仕事がここまで暇だと、さすがに意味のない事をしているような気分になる。

その私の気持ちを社長も察しているらしく、最近は会う度に私に言う。

「ころりさんは座ってくれているだけでいいから」

仕事をしなくてもいい、ぶっちゃけ人を雇ったのは、事務所に座っていてくれる人が欲しかったからだと言うのだ。

だが、毎日座っているならまだしも、週に1~2日半日程度座りにくる人なんて、余計に意味が無いのでは?理解に苦しむ。

さらにこうして社長の言葉だけを聞くと、いかにも私が気に入られているかのように見えるがそうではない。

私は社長と会う度にダメ出しをされる。

「人と親しくなろうとする事が大切ですよ」

そう言い、来客者と世間話やコミュニケーションをとるように求められる。
だが私はこれが苦手…。

さらに先日はその来客者に食事に誘われてしまい、どう断ればいいのか…憂鬱な事が増えてしまった。






***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり