茹だるような暑さの中で思う





sun_202008132039311cc.jpg


「ころりはいつ来るの?」

実家の母からお盆はいつ来るのかと電話があった。

もう私も50歳間近。
いい加減グチグチ言わず、この「お盆に実家に帰る」という風習をサラリと受け入れるようにならなくては。

だがその一方で今年はコロナがある為、テレビで「実家に帰省するのを控える」というような事を言っているのを聞くと、正直羨ましいな…と思う。

現に母は兄に、「無理して帰って来なくていいからね」と事前に言った様子。

その事を私に話す時も、「お互いもし感染していてうつしてしまったら大変でしょ」と言っていたが、その直後に「それでころりは?いつ来るの?」と言われ胸がモヤッとした。

確かに私は実家から遠方に住んでいる訳ではなく、車ですぐに行ける距離。
だからと言って、「実家に来るのが当然でしょ」という言い方をされてしまうと負担を感じずにいられない。

兄はいいなぁ。
遠く離れていて気楽でいいなぁ。

その思いが年々強くなる。







今日、すぐ近所のスーパーに歩いて行った。
歩いて片道10分程度。この程度なら歩いてでも行けるだろうと、節約と運動の為に歩いて行ったのだが、あまりの熱気でまるでサウナの中にいるような状態。歩いて来てしまった事を後悔した。

普段こんな暑さの中で歩き慣れていないせいか、帰宅後は目の前が暗くなり、うっかり熱中症のような状態になった。

エアコンで冷えた部屋で、しばらくソファに横になった。

すると急に母の事を思い出した。

母も日々こんな暑い中で一人買い物に行っているのだろうか?

あれだけ重荷な母なのに、汗だくになり歩いている母を想像すると堪らなく心配になった。

こうして私の中では常に二つの思いが交差している。
母が負担な自分と、母を心配する自分。

そして会えばまたしんどくなると思うけど。






***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり