あなた、何もしていないでしょ?





sad_20200722194302c74.jpg


自治会の防災訓練。

ただ参加するだけでいいと思っていたが、今日は班長がうちに来て、「ころりさん、私の代わりに班長の役をやってもらえない?」と頼まれた。

現在班長である主婦は、実家の親が急に倒れたらしく、当分実家に帰ると言う。

その為、今回の防災訓練も参加出来なくなったらしい。

班長の代役。

この地域の防災訓練はただの訓練だけで終わらない。
訓練の前に役員の打ち合わせ会議が何度もあり、さらに訓練の後には地域の皆に菓子を配ったり…何かとやる事がある。

いつもはゲームなども行い、訓練なのか楽しむ為のイベントなのか分からない状況なのだが、今回はどこまでするのか…私は知らない。

コロナがあるからある程度は自粛するのか…いや、でもこの地域の事だから例年通りという可能性もある。

代役を頼みにきたぐらいなので、ある程度何かやるべき事があるのだろう。

私は億劫だった。







その作業が嫌だというより、その事により近所の人と関わるのが怖い。
最近また近所の人と気まずくなる出来事があり、それ以来出来るだけ避けるようになってしまった。

「ごめんなさい、私も最近忙しくて…」

と、私はその班長代役を断った。

すると班長主婦は、「頼める人はころりさんしかいないの」と言う。

「他の人は仕事があったり、子供がいたりして、頼みづらいし…」

そう言い、「ころりさん、何もしていないでしょ?」と言われた。

ズバリ、その通り。

私は何もしていない。

その言葉が胸に突き刺さり、返す言葉が見つからなかった。

事前に心の準備が出来ていたら、嘘でも「親の介護」や「短期の仕事に行っている」など、誤魔化せたかもしれない。

「だからお願い!」

と手を合わされ、結局断る事が出来なかった。






***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり