義母に白髪染めを頼まれた





20200527.jpeg


何とか市販の白髪染めで白髪を隠す事が出来た。

お婆さんの大人買いに刺激された

しばらく美容院に行っていない。



その黒く染まった頭で義実家に行くと、すぐに義母が気付いた。

「ころりさん、髪の毛を染めたの?」

凄い。
若い人ならまだしも、この年齢の老人が他人の毛の色に気付くなんて。

と、義母の観察力に驚いたがよく考えれば、それ程私の白髪が今まで目立っていたとも取れる。

「そうなんです。自分で適当に」

少し前にも義母と美容院の会話をした事があった。

「今はコロナがあるから美容院にも行けないわね」と。







なので義母も白髪がかなり目立っている。
それを気にしていたのか、私の白髪が消えた頭を見て羨ましそうに言った。

「ついでに私の白髪も染めてくれない?」

えーっ??私が?

咄嗟に嫌だな…と思った。正直な気持ち。

だが思い直した。たかが髪の毛。下の世話を頼まれた訳ではない。

「いいですけど…でもそろそろ美容院に行ってもいいんじゃないですか?」

一応軽く抵抗してみる。

「でもころりさんが染めてくれるなら節約になるし、行く手間が省けるから」

「私が染めるとムラになるかもしれませんよ」

たかが髪の毛を染めるだけと自分に言い聞かせた割には、私は往生際悪く抵抗した。

「一回試しにやってみて下さいよ。ムラになってもいいから」

そこまで言われて断る理由が無くなった。

昔、知人女性が義母の髪の毛を定期的にカットしていると聞いた。
それに比べれば毛染めの方がハードルが低い…と思おう。

しかしこれが当たり前になり、そのうち義父の白髪も染めてくれと言われそうな気がしている。






***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり