苦手意識





――――前回の続き。

彼女の家は私から見れば豪邸だ。

いつも会う時は狭い私の家ではなく、広い彼女の家になったのもお互い暗黙の了解。

久々に彼女の家に入ると、相変わらずお洒落で溜息が出る。
まるでインテリア雑誌から抜き取られたような素敵な家だ。
全体を真っ白で統一し、リビングは吹き抜けの大きな窓から光が降り注いでいる。

「お茶にする?コーヒーにする?」

そう言いながら彼女がキッチンに立った。

「いいなぁ、ホント、いつ見ても素敵な家で羨ましいよ」と私は素直に感想を述べた。

「そんな事ないよ、案外住んでいると不便な事もあって、エアコンも効きづらいしね」と彼女。

私もそんなセリフが言ってみたい、と苦笑した。


お昼前だった為まだ子供達は帰宅しておらず、しばらくは互いの近況を話した。
健康や仕事、夫や義両親の事など。
彼女が気を遣わないように、私は時々こちらから子供の質問もした。
他の話題でもそれなりに会話にはなるが、やはり母である彼女は子供の話題になると雄弁であった。

今は進学が一番の心配らしい。
塾はほぼ毎日送迎し、朝は4時から弁当作り。その後はパートに出る。
パートから帰宅すると夕食の下準備をし、また塾の送迎へ。

本当に忙しい毎日らしいが、聞いていて充実しているんだろうな、と感じた。

私の一日なんて、昼寝だけの日が多々あり、さすがにそれは言えなかった。

仕事も母親もしっかりこなし、こんな豪邸に住む彼女に欠点はあるのだろか?そんな事を思いながら私は彼女が手作りしてくれたクッキーを頬張った。

13時を過ぎた頃、玄関の方でドアを開ける音がして、私は一気に緊張した。
予定通り彼女の子供Aちゃんが学校から帰ってきたのだ。
中学生の女の子。



「お帰りー、こんにちは、お邪魔しています」と私は精一杯の笑顔で声をかけた。

「あ、どうも……こんにちは……」

Aちゃんは俯きながら、小さく消え入りそうな声で返した。私と目は合わせない。
ずっと以前に会った時にはもっと溌剌としていたのだが、思春期という感じになっていた。

友人は母の顔になり、「ころりが買ってきてくれたケーキ、こっちで一緒に食べようよ」とAちゃんを私の近くに座るよう促し、自分はキッチンの方に行ってしまった。

友人なりに、私と娘が自然と近づけるように気遣ってくれたのかもしれない。

女子中学生と二人きり。気まずい。大人として何か話しかけなければ。

「Aちゃん、よく日焼けしてるね。何か部活やってるの?」

やっている事は友人から聞いて知っているが、他に話題が浮かばなかった。

「……はい」

「何やっているの?」

「……陸上です」

「へー、そうなんだ」

これ以上続かない。私の話す力がなさすぎて、子供に壁を感じさせてしまっている。

その後も友人が戻り、私とAちゃん両方に話題を振ってくれていたが会話は上滑りし、ぎこちない空気が流れるばかり。きっと友人は疲れ果てただろう。

「じゃあ、そろそろ帰るね」と私は立ち上がった。

友人は「またいつでも来てね」と言っていたが、本心だろうか。

友人宅を出て角を曲がる時もう一度振り返ると、友人とAちゃんがいつまでも手を振っているのが見えた。




***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり