遂に退職届を提出





office1.jpg


今日は遂に、パート先に退職届を提出した。

いつもの上司に渡したのだが、上司は「そんな事言わず頑張って下さいよ」と言い、「収入が問題なら正社員になるという手も…」とまで言い始め、今まで何度か私が上司に伝えてきた、何がしんどいのかという事が上手く伝わっていないと実感した。

収入を増やしてもらうより、今まで通りの勤務時間で、それに見合った仕事内容にして欲しかった。だがパートにはパートのテリトリーがあり、今更私をそこに入れるのは無理だと私も分かっていた。居場所がない。
かと言って、また社員に指示するような仕事はとても無理だし、出勤日数を増やす事も愛犬や義親の事を考えると難しい。そして何より私がこの会社から逃げ腰。

私は退職に関して揉めたくなかった為、上司の言葉を遮り「夫の親の体調が最近悪いので…申し訳ありません」と伝えた。

少し前からそういう話をしておいたので、多少は真実味があるか…と思ったが、それでも上司はすぐに首を縦に振らず、「それなら体調が落ち着くまで休職して頂いていいですよ」と言い始めた。

普通はこれを喜ぶべきなのだろうか。
再就職など難しいであろうこの年齢で、大した仕事もしていない私が、こうして引き留めて頂いたり、休職してもいいと言って頂ける事は、客観的に見ると感謝するべき事だろうと思う。







だが一度嫌になったら気持ちを切り替えられない私。
条件がどれ程良くても、今の居心地の悪さに耐えかねる。

ただでさえ、子供の話ばかりする他のパート達とは壁があった。それに加えて最近私が責任ある仕事を任された事により、今まで以上に他のスタッフ達の視線が突き刺さるのを感じる。

「落ち着くのはいつになるか分かりませんし、夫にも退職するように言われていますので申し訳ありません」

私は卑怯な手を使った。
夫を持ち出す事。

本当はこういうのが一番嫌いだ。
主婦同士の会話でも、「子供が」「夫が」と、自分が主体でない会話をするのが大嫌い。

ましてや退職理由に夫を持ち出すなんて、本当に恥ずかしい。

だがこれが最も相手を黙らせる方法だとどこかで読んだ。それを言われると大抵の上司は黙ると。

実際、私の上司もそれを聞いた瞬間、何も言わなくなった。
嘘だと分かっているだろう。だからこそ気を悪くされたに違いない。

何年もお世話になった会社なのに、こんな辞め方しか出来ない自分が情けない。






***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり