在宅ワークへの偏見





pc_20180731131522c97.jpg


少しでも社会と関わらないといけないとか、人と会話しなくてはいけないとか、そんな考えで自分を追い詰めても苦しいだけ。

無理をするのはやめよう。
出来ない自分を受け入れよう。

この先は静かに穏やかに家の中だけで過ごすのだ。

これはただ逃げているだけかもしれない。
いや、かもしれないではなく、逃げている。

だけど自分の年齢と、あと何年働けるのか考えると、そんな事どうだっていいじゃないかという気持ちになる。

世間的には間違った生き方であっても、自分が心地よく生きられるならそれでもいいではないか。

…と思い込もうとした。

だが今日、実母から電話があり、私の心は砕け散った。
久々に猛烈に落ち込み、電話を切った後、数時間は何も手がつかなかった。







母からの電話の内容は、兄の妻が再就職したという事だった。

義姉はここ何年か体調を崩し、昨年も心療内科に通っていると聞いた。
だがいつの間にか改善したのか(どうか知らないが)、最近パートで働き始めたらしい。

「週に5日、しっかり働くらしいわよ」

「ふーん」

心がザワザワした。
母の言う「しっかり」とはどういう意味か。

「朝から夕方まで働くらしいから、忙しいわね。でもいつまでも家に引きこもっているよりずっと良いわ」

心がチクチクした。
私への嫌味にしか聞こえない。

せめてそこで会話を止めてくれればいいのに、母が言った。

「で、ころりは?」

「何が?」

吐気がしてきた。何を言わせたいのか。

「ころりもそろそろフルタイムで働けば?勿体ないでしょ。まだ若いんだから」


私自身、これからは在宅ワークで一人ひっそり働くのもいいかもしれないと、出来ない自分を認めようとしている時に、この母からの言葉。

引きこもる私を認めない母。

もう私を諦めてよ…と思う。
私自身が私を認めても、母が私を認めない。

私は声を振り絞るようにして言った。

「これからは在宅ワークでいいかと思ってる」

すると母は馬鹿にしたように言った。

「あんなの外に出られない人がする仕事でしょ?普通に働かなきゃダメよ」

普通って何?
母が決めた普通の世界から脱出したい。






***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり