まるで会社のような自治会の付き合い





rain_201807270907155af.jpg


今日は天気が悪くてホッとした。

昨日も書いたが、今週に入り近所の雰囲気がガラリと変わり、これ程ストレスを感じるものなのか…と既に鬱状態。

子なし主婦なのに学校休校でストレス

学校が休校になると聞いた時、子なし主婦の私は「大変そうですね」と思うだけでどこか他人事だった。..




なので今日のように朝から天気が悪いと気持ちが落ち着く。
聞こえるのは雨の音だけで人の声は無いから。

このままあと1ヶ月ぐらい雨続きならいいのに…。
そんな、子供にとって可哀想な事を考えてしまうぐらい、私にとってはこの毎日が苦痛だ。家にいたくない。


今日は義母の通院日で、病院と買い物に付き添った。
時間がかかり疲れて夕方帰宅すると、なんと主婦が3人、傘を差して井戸端会議をしている。

こんな雨の日にまで⁉
よくそれだけ毎日話す事があるものだと感心する。

その主婦達が立っていたのは私の家の駐車場のすぐ近くで、車を停めた後挨拶しない訳にもいかない。



私は軽く会釈だけして通り過ぎようとしたが、「ころりさん、ちょっといい?」と一人の主婦に呼び止められた。

「今ね、今週回ってきた回覧板の事で相談してたんだけど」

その回覧板とは、例の自治会メンバーで困っている子供を預かりましょうというアンケート。

学校休校により子供を預かって欲しい?

朝早くから家のインターホンが鳴り、誰だろうと思いつつ画面を見ると自治会長だった。...



先日我が家にも回ってきたが、あれからさらに計画が練られたようで、自治会館で専業主婦が数名、交代で子供を預かると言っているらしい。

だが今日話しかけにきたその主婦達の話によると、そんな事を望んでいる母親は誰もいないと言う。やはりそうか。

「他人に預けるなんてあり得ないわよ」
「有難迷惑っていうか」
「自己満足でしょ?」

皆口々に会長への不満を言っていた。
そこは私も共感した。

ここの自治会長は、今回の事だけでなく、何かある度に自治会での活動を増やそうとする。それが必要か必要でないかよりも、活動する場面を増やす事に生き甲斐を感じているように見える。彼女達の言うように自己満足ではないのか…と私も内心思っていた。

だがそんな彼女達も私も、この地域に住んでいる限り、古い人間達に逆らえない。昔から住む住人達が絶対的な存在で、決定権は彼らにある。

なので彼女達もコソコソと不満を漏らしているものの、自治会長の前では、「助かります!お気遣いありがとうございます!」となる。まるで会社。

そんな彼女達、結局私に何が言いたいのだろうと思っていると、「また会長が何か言ってきたら、ころりさんも断ってくれていいから」と言われた。

だが彼女達が本音を会長に言えないのと同じように、私もこの場所に住んでいる限り会長の目の敵にはなりたくない。
色んな意味で、早くこの騒ぎが収まって欲しい。






***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり