自宅の固定電話を隠す





phone.jpg


少し前に自宅の固定電話に実家の母から着信があった。

実は私、電話機を隠している。
隠しているというか、蓋付きのカゴの中に入れてしまっている。

電源は入れているので一応電話は繋がっているのだが、音は消してあるので鳴っても気付かない。ただ、もし留守電が入っていた場合はランプが点滅するので、カゴの隙間からその点滅の光がもれて気付く。これで緊急時の連絡を逃す事も無いだろう。

そこまでする?
自分でもそう思うが、私の電話恐怖症は重症化している。

電話が鳴った時のあの何とも言えない気分の悪さ。
それを20年以上我慢し続け、いつしか電話が鳴らない日でもずっとビクビクして過ごすようになった。

それで電話を隠した。
固定電話に電話をかけてくるのはほぼ実家の母だけ。

最近は義母もスマホに連絡をしてくる。
だからこそ、自宅の電話が鳴るとセールスか実母という事になる。







先日カゴを開けて確認すると、母から着信履歴があった。
だが留守電には何も入っていない。

だから私はそのまま無視した。
気付かないフリ。

だが当然母がそれで諦めるはずもなく、今日はスマホの方に電話がかかってきた。

開口一番、「どうなってるの?家に電話したのに!着信確認しなかったの?」

これのどこか老人なのだろう。
着信履歴をチェックしろと指示する老人なんて、自分一人で生きていってくれと思う。

そして私は言った。

「電話恐怖症なのよ。電話の音でイライラするから音も切っているし、電源を切る時もあるわ」

ハッキリと「母からの電話が嫌」とは言えなかったが、それでも精一杯、電話をかけてこられるのが辛いと主張したつもり。

だがこれでは全く通じていない。

「私に何かあったらどうするの⁉ころりにすぐ連絡が取れなかったら近所の人や友達みんなに迷惑がかかるのよ?」

いつものように説教は続き、その言葉を聞いているのがやっぱり辛かった。

それでも私は固定電話を今もカゴに入れたままにしている。
何度怒られようとも、電話が鳴るあの恐怖に耐えられそうにないから。






***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり