価値観・考え方の違い





dog_20191104203702131.jpg


【昨日の記事について】

何気なくメールを開いてみて、昨日の記事に対する多くのコメントが届いていて驚きました。
私は時々ペットの話題を記事にしますが、今回の記事も皆さん興味はないだろうな…と思いつつ書いたので、予想外に皆さんも様々な感想を持って下さったのは嬉しいです。

外で繋がれている気持ち

昨年末ぐらいから、近所で犬を飼い始めた家がある。犬種はポメラニアン。



コメントの多くは、私と同じように感じる方々からでした。
何とか助けたい、保護施設団体に相談しては?といったものです。

しかしその一方で、そのポメラニアン飼い主と同じ感覚の方からのコメントも複数ありました。
小型犬だから室内と決めつけるの?では野良猫はなぜ外でも生きていられるの?昔は小さな犬でも外で飼っていた、室内が幸せだと思うのは人間のエゴ…などです。

当然私は前者ですが、どちらが正しいかとは言えず、後者の方から見れば私は偏った考え方をしている人、という事になります。
こういう話は、どれだけ討論したところで分からない人には分からない、伝わらないものは伝わらない。

ただ、ペットショップでわざわざ買った小さな犬を外に繋いで飼う事を「何が悪いの?」と思う人が一人や二人でない事をコメントからも実感し、私は残念です。







私は今の地域に住み20年以上経ちます。

その間、今回と似たような事があり、2回保護施設に相談した事があります。

1回目は今回と同じく、散歩途中に見かける家の小型犬が毎日外に繋がれていたからです。
おせっかいだと思いつつ、どうしても気になり数か月見守り続けた末、思い切って電話しました。

ですが保護施設側は、飼い主がいて、家があり、明らかにケガをしているような虐待が無い事などから、そこまで対応は出来ないと言われました。その保護施設には私も何度か足を運んだ事があるのですが、そこでは殺傷処分するしかないような子達が待機状態で、職員はその目の前にいる命を救う事が優先であり、余程でない限り個人宅にまで関与出来ないという雰囲気でした。
可哀想に見えてもご飯を貰い、飼い主が可愛がっているつもりなら、他人が口出しし辛いのです。

そして2回目、これは中型犬だったのですが、近所の犬が外に繋がれていて、そのリードが短い為に犬が動きづらそうだと思っていました。そしてある時、その犬が塀に飛び乗ったらしく、塀からぶら下がり首つり状態になっていたのです。その時は見かけた近所の人が助けたものの、また別の日に私も同じ現場を見かけ、後日飼い主に二人で注意しても「大した事はない」というだけで対処はされませんでした。そこで近所の人と相談し、その時も保護団体に連絡しましたが、やはりこんな事ぐらいでは対応してくれません。
そしてその犬はその半年後、リードで首を吊ったまま亡くなっていました。

ただ、そんな飼い方をしている人達だから普段も酷い人なのか?と言えばそうではなく、普段は話し易く温厚で優しい人だったりするのです。ただ価値観や考え方が違う。

他人から見て酷い飼い方に見えても、飼い主がいる限り余程明らかでないと保護団体にも動いてもらえないという印象です。

そして私自身も、これ以上関わって今より人間関係が悪くなる事が怖く、結局何も出来ません。
何も出来ないなら何も言うな、そんな声が聞こえそうですが、それでもいつも現場に遭遇すると悲しい気持ちを抑えられずにいます。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事