いてもいなくても、さほど影響は無い存在





photo_202002142035296e0.jpeg


悩んだ結果、結局職場に電話をした。

連絡を待ち続けた日

前回仕事に行った時、職場の人とシフトの打ち合わせをした。



鬱陶しいと思われるだろうか…そう思い気が重かったが、次にいつ出勤すれば良いのか確認するしかない。

電話をして担当者に代わってもらうと、電話の向こうで担当者が言った。

「あぁ、いつも通りでいいですよ」

その声は全く悪びれる風もなく、私に連絡しなかった事など忘れている様子。

私は言った。

「昨日連絡が無かったので、次の出勤日がはっきり分からなくて…」

言いながら思った。嫌味っぽい?
しかし彼女が連絡しますと言っていたのは事実だし、他の言い方が思いつかなかった。

すると彼女は、「特に問題はないです。いつも通りでお願いします」と、やはり全く気にしていない。

「分かりました」と言い、そのまま電話を切った。







こんなものだ。
所詮時々出勤するだけのパート。彼らにとってはどうでも良い存在なのだ。


夕食時、この事を夫に話すと、

「そりゃそうだろ。ころりは家でその事ばかり考えて待っていたかもしれないけど、相手は次々とやるべき仕事があって、そんな小さな事なんて忘れてしまう事だってあるよ。その人にとってはころりの事なんて、忙しくてどうでもいいんじゃないの?」

と言われた。
確かにそうだな…と納得したが、まぁ夫にもハッキリ言われたものだ。

自分が思う程、職場での自分の価値はない。
いてもいなくても、さほど影響は無いのだ。

このところ、出勤すれば指示したり方針を決めたり、なぜか重い仕事ばかり任されてしまったが、それも私が重く感じているだけで、適当だろうが失敗しようが、それも大した事ではないのかもしれない。

何だかバカバカしくなった。
そして虚しくなった。

慌てて準備していたバレンタインチョコ。
来週では遅すぎるだろう。こんな事なら買わなければ良かった。

自分で少しずつ食べようと思う。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事