無表情





以前から訪問するのが日課になっているサイトがある。

動物の保護団体のサイトだ。
そこの保護施設は私の家からほど近く、実際に行った事はないが車で1時間もかからない場所にある。

その施設には里親募集中の犬や猫が溢れている。
サイト内にはボランティアスタッフによるブログがあり、その中では保護された経緯や現在のその子達の状況が詳しく書かれていた。
中には無責任な飼い主やブリーダーから保護された、悲惨な状態の子もいた。

「この子を是非うちに迎えたい」

思わずそう思った事は一度や二度ではない。
可能であればどの子も引き取りたい気持ちにいつもなる。

先日も、ちょうどうちで飼っている犬種と同じ子がいて、その子の里親だけがいつまでも決まらず残っているようだった。
年齢は10歳ぐらい。とても大人しくて静かな子だと書かれている。いつどの写真を見てもポーっとしており、あまり表情がなかった。
画面から見るその子の表情が愛情不足のような気がして、ギュッと抱きしめたい気持ちになった。



それからもそのサイトで毎日様子をチェックしているからかどんどん情が移り、何とかしてうちで飼えないかと随分迷った。
しかし無理だ。
うちの犬との相性や世話の大変さもあるが、そんな事は何とかなる。
やはり一番の理由は経済的な問題。

うちの犬も病弱な為に頻繁に動物病院に行くが、その度に万札が飛んでいく。

この子の命には代えられないと思っているが、普段の生活で千円、二千円の節約をしているのが意味のない様に感じる事もしばしば。
そんな状況を考えると簡単に新たな子を引き取る訳にはいかなかった。


情けない思いでそのサイトを眺め続けた。

すると、次の譲渡会がうちの近所で行われる事となった。
参加予定の犬、猫の紹介がされているが、私が気になっているその犬も参加するメンバーに入っていた。

行ってどうなる?
飼える訳でもないのに行く意味がないのでは?

夫に相談しても同じ事を言われた。
「飼えないんだから会っても辛くなるだけだよ」と。

――――続きます。




***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり