家計事情と犬との暮らし





dog.jpg


久しぶりに家計簿をつけた。

正確には家計簿と言える程のものではなく、ざっと年間収支を集計しただけ。
普段は面倒臭さと、家計の現実を見るのが嫌で、家計簿と遠ざかっているが、年に1回程度は重い腰を上げてこうして集計するようにしている。

最近は9割以上をクレジット払いにしているので、ほぼネットで使用履歴が見られるのが良いところ。
なのでレシートをいちいち一枚ずつチェック…というような事はしていない。

そうして集計してみると、大した貯金は出来ていないが、ひとまず赤字でも無い事にホッとした。
さらに内訳を見ていると、予想以上に愛犬にかかる費用が大きい事に驚いた。

確かに動物病院に行く度、一万円札が飛んでいく。
私や夫が少しぐらい体調が悪くても、病院代が勿体ないとか、これぐらい免疫力で治せるかも…などと思い、病院に行かない事も多い。

食事に関しても、自分用には100円のパンを買うのも「勿体ないかな」と思い棚に戻す事もある。
だが愛犬のドッグフードはプレミアムなナチュラルフードを厳選し、最近は少しでも体調が良くなるようにと、犬用サプリまで購入している。







さらに愛犬のトリミング代も毎月5千円かかるが、私など美容院に行くのは数か月に一度。夫も2~3ヶ月に一度の上、安い1,000円カットのような所で済ませている。

まだまだある。
犬が震えていれば犬用ダウンジャケットを購入するし、咳が酷い時期には犬の為に最新の加湿空気清浄機を購入したり…。一方私達が洋服を購入したのはいつだったのか…忘れてしまった程。

これぞお犬様生活?

我が家の支出のうち、愛犬にかかる費用の割合が大きい。

これを見ると、今の愛犬がいなくなった後、次に飼うかどうかを悩む。
私がこのまま引きこもり、低収入でも家にいたいのならペットは飼わない方が家計は助かる。
逆にまた次の子を飼いたいのなら、私も何かしらの仕事をして収入を上げなくてはいけない。

だが在宅ワークならまだしも、犬を飼う為に外に働きに出るなんて、愛犬を留守番させる時間が増えるだけで本末転倒にも思えるけど。

ただここまでお犬様生活に慣れてしまった今、いなくなった時のペットロスは酷いだろうし、また鬱病になりそうで今から不安になっている。






***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり