Mattの歌に聴き入ってしまった





song.jpg


昨日、ミュージックステーションを見て驚いた。

そもそもこの番組を見ようと思ってテレビをつけた訳ではなく、偶然テレビの電源を入れた瞬間に「Mattさんの美声」という言葉が耳に入り、「ん?Matt?って…あの?」と興味が湧きそのまま見続けたのだ。

そしていざMattの歌を聴いて驚いた。
予想外に上手い。あのビジュアルからは全くイメージしていなかったとても良い声。
さらに歌った曲はご自身の作詞作曲だというから驚きは倍増。










私は今までMatt君には特に興味は無かったが、桑田真澄さんの雰囲気が昔から好きだ。

実際の本当の性格まで分からないが、ただその話し方や雰囲気がいい。
さらにMattがあのメイクで世間に出ている事を受け入れている様子なのも好感が持てた。

何と言うか…
Matt君からは愛情を受けて育ったのだろうと感じさせるものがある。(そこも想像に過ぎないけど)
甘やかされて育った部分はあるのかもしれないが、愛情を多く受けて育った人は心のゆとりや優しさがあり、攻撃性を感じない。

そう思って聴くからか、この歌からも温かさとか優しさを感じる。

この一曲で終わらず、今後は歌手として活躍できるといいね…なんて、なぜか勝手に親目線で見てしまう自分がいた。

それにしても。
最近の若者が多様化していて、私達の時代に比べると「こうでなくてはならない」が減っていて羨ましい。
私達の若い頃、こんなお人形メイクをした男性が現れても、きっと受け入れられなかっただろうし、人と違うという事を許される雰囲気では無かった。

最近の良い感じで力の抜けた若者達を見ると、私もこんな時代に青春を過ごしたかったな、と思ったりする。
そしてそんな事を思う時点ですっかりおばさんだわ…と改めて自分の歳を実感している。






***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり