嫁姑のプチバトル





window_2019122819355227a.jpg


今日は掃除日和だったのか、朝から近所の人達が大掃除をしている様子が見えた。

先日から義母に「そろそろ大掃除をお願い出来る?」と言われていたが、億劫で先延ばしにしていた私。しかし近所の人達の様子を見て諦めた。今日やるしかないか。

事前に義実家に連絡を入れ、「今日は掃除に行きますね」と伝えた。
いっきに片付けたい為、ある程度の準備や片付けをしておいて欲しい。

大掃除で私が一番時間がかかって面倒だと思うのが、窓関係。
義母は窓を拭くだけでは気が済まないタイプで、窓ごと外して洗って欲しいと言う。
そして網戸はもちろん、さらに雨戸まで外して洗えと言うのだから大がかりだ。






さすがに一人で全ての作業をするのは負担過ぎると思い、今回は義父に手伝って欲しいと頼んだ。

亭主関白で気難しい義父。
嫌な顔をされるかと思ったら、案外そうでも無く、「おぅ」と言って立ち上がり黙々と窓を外してくれた。

その一方、気に入らない様子の義母。

「お父さん、無理をしたらまた腰に悪いわよ」
「ころりさん、今日で終わらせなくても明日続きをやってくれればいいから」

私一人で何日もかけてやれと言うのか?
毎日来るのが嫌だから、いっきに一日で済ませてしまいたいのに。

そんなモヤッとした気持ちになりながら、ブツブツ言う義母の言葉を聞き流した。

「お義父さん助かります!」とあえて大きな声で何度も言った私。義母への嫌味だったと自覚している。

そんな義母とのプチバトルがありつつ、ざっと今年の義実家の掃除は終わらせた。

帰り際、義母は頂き物の菓子を私に持たせてくれ、「いつも助かります。良い嫁がいて嬉しいわ」と私に言った。

何だか昼間のあのモヤッとしたものが薄れた。

納得出来ない事は多いけど…。
こうしてこれからも毎年嫁の役目を果たすのかなと思う。






***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり