私は対象者だったらしい





money.jpg


「雇用保険に関する大切なお知らせです」

と書かれた書類が届いた。

何だろう?
現在私は雇用保険に加入していない。

よく分からないまま開封すると、「雇用保険の追加給付に関するお知らせ」だった。

過去に雇用保険の給付を受けた人の中で、過小給付された人について追加で支払います――という書類。

恥ずかしながらそんな過小給付問題があった事さえ私は知らず、それどころかこの書類を見た時、「本物だろうか…」と、まず疑いの目でその書類を読んだ。

文面の中には、「お客様が対象であることが分かりました」とある。

まさに詐欺文書にありそうな文面。

ネットでも突然画面に、「あなたが選ばれました!」と怪しいメッセージが表示され、慌てて画面を閉じる事もある。

そんな事もあり、最近はどんな書類が送られてきても、どんなメールが届いても、即信じられない。
そう思うと面倒な世の中になったものだと思う。いちいち本物かどうか確認しなくてはいけないなんて。






しかしどうやら今回は本物だった。

失業保険…いつ受給したの?記憶が遠すぎて覚えていない。
その書類に私が受給していた時期が表示されていて、10年以上も前の事だった。

そして追加給付を受ける為に、入金を希望する銀行口座情報を記入し返送しなくてはならない。

だが肝心の給付金額が…1,000円程度と予想される。

ここで私は躊躇した。

たった1,000円、されど1,000円。

放っておいても自動的に振り込まれるのならいい。
しかしわざわざ1,000円の為に、再度口座情報を知らせないといけないというのが…迷う。

面倒というよりは、やたらと口座情報をあちこちに登録したくない。こんな時代だからこそ。

これ、追加給付はいらないです、という場合は放置でいいのだろうか?
それとも強制的に口座番号を知らせないといけないの?

それにしても1,000円を給付する為に、紙代、印刷代、郵送代、人件費など、無駄な費用がかかっているなぁ…と、そちらの方が気になった。






***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり