出せない感情





私は昔から「怒る」という事がなかった。

大抵の人が怒るであろう場面に自分が出会ってしまった時には、「泣く」「黙る」「避ける」そして、「気にしていないフリをする」という対応をするのが常であった。

前回の記事を書いた後、これって普通の人なら怒る場面なのかな?と、ふと思った。

あの流れで、「その旦那さんのどこがいいの?」聞かれる事は明らかにバカにされている。
カチン!ときて思わず怒る人もいるのかもしれない。
だが私にそんな選択肢はなかったし、その場では思いつきもしなかった。

子供の頃、足の上に物を落として痛かったが、誰にも言えずに我慢していた。

その後悪化してきたので病院に行くと、爪が剥がれ足の甲の骨が折れていた。
するとすぐに言わずにいた事を周囲の大人達に怒られた。

「もう小さい子供じゃないんだから。なぜ「痛い」って事ぐらい言えないの?」

分からない。自分でも分からない。でも声が出ないの、仕方ないの。私は黙って俯いた。








また、もう少し成長した高校生の時。
友人達に彼氏ができ始めた頃、皆が「ころりにもいい人見つけてあげる」と、私の彼氏探しで盛り上がっていた。

そうしていつの間にか私の彼氏として決まったA君。
正直、私は苦手なタイプで好きになれそうもなかったが、周囲に「お似合い!」と言われて、やはり私は何も言えなかった。
友人達に「嫌だ」と言えない。皆私に彼氏が出来てとても嬉しそうだったから。

しかしそんな付き合いが長く続くはずもなく、ある時彼に聞かれた。

「僕の事、嫌いなの?」

私は黙って俯いた。そしてその後別れる事となった。
友人達は怒った。「嫌ならどうして最初から言わなかったの?」「友達なんだから素直に言ってよ」って。

どうして思ってる事を素直に言えないのだろう?
咄嗟に言葉に出来ないのだろう?

子供の頃からこんな自分が嫌いで仕方がなかった。
足を怪我した出来事も、好きでもない彼と付き合った事も、内容は少し違って見えるが私にとっては同じ。

どちらも、最初から私が自分の感情を出していれば、周囲の人も怒らなかっただろう。
なのに自分を押し殺してしまう為、結果的に相手の気分を害してしまう。

大人になった今でも、根本的な部分は何も変わっていない。
いや、大人になったからこそ、言えない場面、自分を押し殺す場面が増えているような気がする。








***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***




関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事