場違いな会議に参加





office.jpg

久々にパートに行くと、職場の上司に呼ばれた。

「今日の会議にころりさんも出席してもらえますか」と言われた。

突然言われたので戸惑った私は、「どんな会議ですか?」と聞いた。

すると新しいシステムに変更するらしく、私にも参加して聞いていて欲しいと言う。

なぜ私が?と思ったものの、最近私に渡せる仕事(在宅ワーク)が減りつつある為、上司は私に新たな仕事を与える為に気を回してくれているのだろうか…とも思った。

「今後ころりさんにも手伝ってもらう可能性があるから」

そう言われ、私は言われるがままその会議に参加した。

私以外は皆社員で、他にはシステム会社の方などがいて、私は場違いに感じる。

私は下座で出来るだけ小さく身を縮めて聞いていた。

すると聞いているだけで良いと思っていたのに、途中で上司が何度も、「ころりさんはどう思いますか?」と話を振ってくる。

いや、振ってくれているのかもしれない。これも上司の気遣いか。







しかし私はこういう場で意見するのは大の苦手。
そもそも人前で話すのが苦手なのに、よく理解出来ていない内容の事で意見するなんて…私は狼狽えた。

やはりいつもの様に手と声が震え、その後自分が何を発言したのかさえ覚えていない。
ただこれ以上私に話を振らないで!とばかり願っていた。早く会議が終わって欲しいと。

ようやく会議が終わりその部屋から出た時、「今後もまたこんな会議に参加するのだろうか…何とか断れないだろうか…」そんな事で頭がいっぱいだった。

しかし上司が、仕事の無い私に仕事を与えようとして指示してくれているのだと思うと、何だか申し訳ないような気もする。

脱力感のまま席に座っていると、酒家さんが静かに近寄ってきて、私の隣に小さく身をかがめて小声で言った。

「ねぇ、どんな話をしたの?」

「どうって…うーん、私もまだよく分からないけど」

私がそう言うと、

「どうしてころりさんが呼ばれの?」と聞かれた。

「それもよく分からないけど…」

咄嗟にどう答えれば嫌われないのかを考えている自分がいたが、うまい答え方が思いつかなかった。

「ふーん」

そう言う酒家さんの表情が、また何か思われていそうで不安になった。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事