一人になるのが不安なのは私だけではない





couple_20191023200922ee4.jpg


検診から帰宅すると、夫がリビングで硬い表情をして座っていた。

「ただいま。すぐご飯作るね」

私がそう言うと、夫は怒ったような口調で言った。

「いいから!ちょっとここに座りなよ!」

と、ソファを指差した。


なぜ機嫌が悪いのか分からないが、私は言われるがままソファに座った。

すると夫、

「それで?結果はどうだったの?」と心配そうな顔をして私に聞く。

その顔は心配…というのを通り越して、追い詰められたような表情だった。

「え?そんなに心配してくれてたの?ごめん。また経過観察だったわ」と、私が軽く言うと、夫は大きなため息をつき、「どれだけ心配したと思ってるんだ!」と怒った。







どうやら予定よりかなり帰宅が遅かった為、何か結果が良くなかったのではないかと心配していたらしい。

それも途中で私が連絡を入れなかった為、一人でいらぬ事ばかり想像してしまったらしく…。

夫は心底ホッとしたような表情をしていたが、「とにかく健康に気を付けて」と言われた。

と言われても、乳がんばかりはどう気を付ければよいのか分からないが。


しかしこの日、リビングで一人表情を硬くしている夫を見て、私は何とも言えない気持ちになった。

どれ程不安だっただろうと。

夫が私を愛しているとか、大切にしているとか、そういう事ではない。
一人残されるかもしれない不安、それが強く伝わってきた。

今まで互いにそんな事を感じた事は無かった。
それもただの検診だ。以前なら少し心配したものの、「多分大丈夫でしょ」と、夫も笑っていた。

だが今回の夫の表情には孤独とか、老いるとか、そういったものが色々現れていたように思う。

一人になるのが不安なのは私だけではない。夫も同じ。
年齢と共に、「相方がいなくなるのが怖い」という不安が膨らむのは一緒だ。

この日私は夫を一人にしない為にも健康でいなくては…と思った。
そんな風に感じたのは初めてかもしれない。
今までは自分が一人になりたくない事ばかり考えていたから。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事