15%引きの前日の買い物





Watches.jpg

念願の時計を購入する事にした。

何年も前から欲しいと思っていたのだが、引きこもり主婦には贅沢品のような気がして、ずっと時計を1本も持っていない生活をしてきた。

しかし最近不便を感じるようになり、あまり下調べをしない状態で時計店に行ってきた。

いつもなら色々ネットで調べて絞り込んだ上で店舗に行くのだが、「実物を見て考えた方が早いかも」と思った。

というのも、服やバッグならまだしも、時計はそのカラーや輝き具合など、実物と写真では全く違ったりする。さらにサイズ感も写真では分かり辛い。

あれこれと悩むのが面倒になり、「えい!」という気持ちで時計店の中に入った。

すると20代ぐらいの若くて綺麗な女性店員が近寄ってきて、「お手伝いしましょうか」と声をかけられた。

こんな狭い店内で、「自由に見ます」とも言い辛く、私は素直に「はい」と答えた。

そして大体の予算や、イメージしているメーカーを伝えると、店員はテキパキと私の目の前に時計を並べた。

「こちらは新商品で人気のカラーです」
「こちらは限定品でお勧めですよ」

目の肥えていない私にはどれも似たように見え、どれも素敵だと感じた。

しかしチラッと見える値札が気になった。
私が伝えた予算よりも2万円程度高い。

「この辺りも素敵ですけどね」

と、私は自ら他の時計を指差した。
その時計は予算内だった。







するとその店員は「そうですねー」と言いながら、その安い方の時計もショーケースから取り出し並べてくれた。

「いかがです?」

正直に言うと、やはり値段に比例している。
一概には言えないのかもしれないが、少なくとも私の前にある時計は高級なものの方が素敵だし好みでもあった。

そして次にその店員が言った。

「どちらの時計を見てときめきます?」

まさかのコンマリさんの言葉をここで聞くとは。
思わず笑ってしまったが、なかなかこの店員は上手いなぁ…と気が緩んだ。

しかし私はこの店舗で購入するつもりは無かった。
実物を確認する為に店に来ただけで、実際は安くてポイントもあるネットで購入するつもりだった。

だが店員は次々と他の時計も出してくるし、腕に着けてみるようにと勧めてくる。
断るのが下手な私がしばらくセールストークに合わせて会話していたが、このままでは本当にこの店で買ってしまう…と思い、意を決して言った。

「迷ってしまって今日は決められません。また後日来ます」

すると店員が言った。

「もし明日なら15%引きなのでお得ですよ」

えぇ⁉そうなの?
15%引きなんてかなり大きな値引きではないか。
それを聞いてますます、流されて今日は買わなくて良かったと思った。

それにしても商売だから当然とはいえ、さっきまで一言も明日はお得だと教えてくれなかった店員。
セールストークに負けず、慎重になるべきだと改めて実感した。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事