新たな仕事の面接





room_20190910195732271.jpg



先日応募した仕事の面接に行ってきた。

人気のない求人に応募

ハローワークの受付に行った。今までも時々気休めのようにハローワークに行く事はあったが、求職者の受付に座ったのは何年ぶりだろう。..


しかしこの2、3日は特に体調が急降下で、正直なところそれどころでは無い程体が重くて怠くて、応募した事を早まったか…と後悔していた。
化粧をしてスーツを着て、電車に乗る事を想像するだけで眩暈がする。

最近食欲が無い私の様子を見ていた夫は、「面接断れば?」と言っていた。

しかしそんな事は出来ない。
ドタキャンなんて相手に迷惑がかかる。
それもハローワークを通して応募しているのだ。ハローワークにもドタキャンの履歴が残り印象が悪くなる。

ここでもそんな事ばかり気にする私。
今から思えばやる気のない面接に行く方がずっと迷惑なのに。

それでも私は「よし!」と、自分を奮い立たせ面接に向かった。






事務所は小さな雑居ビルにあった。

エレベーターに故障中の張り紙が貼られており、私は暗くて細い階段を恐々上った。滅多に履かないヒールで足を踏み外しそうになる。

5階に着くと足がパンパン。息切れまでして、運動不足だからなのか、貧血が酷いからなのか……立ち眩みがしたのでしばらくその場に立ち呼吸が整うのを待った。

事務所のドアのインターホンを鳴らすと、すぐにドアが開き男性が顔を出した。

想像していたより若い。
40代半ばだろうか…ほぼ同年代に見えた。

勝手に60代ぐらいの社長をイメージしていたので、少し驚いた。

「お待ちしていました。どうぞ」

その口調は柔らかく、上品な印象だったので私は少し安心した。

ドアを開けるとそこは4畳半ほどの狭い空間。
え?こんなに狭いの?そんな印象。

私はその狭い部屋で社長と向き合い座った。

――続きます。(▶今までにない返しに気持ちが引く






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事