急な体調不良。救急車を呼ぶべきか迷う





ambulance.jpg

先日、夫の職場で後輩社員が仕事中に倒れた。

その後輩はまだ30代半ば。
人付き合いが苦手な夫にしては珍しく、その後輩社員とは気が合うらしく、職場の話をする時によく名前が登場していた。

私も以前、一度だけ会った事がある。
会ったと言っても挨拶をした程度だが、とても体格が良く、スポーツマンという雰囲気だった。

その彼が?
まさか倒れるなんて。

そして彼が倒れたのは社外だったらしく、その時一緒にいたのは私の夫だけ。

最初彼は、「気分が悪い、フラフラする」と言い、汗だくだったそうだ。

夫は心配したが本人は「大した事はないです」と言う為、近くの飲食店に入り休憩したらしい。
この暑さの中で歩いていた為、夫は熱中症ではないかと思ったと言う。

涼しい店内でしばらく休憩していても、後輩社員の汗は一向に引く気配はなかった。
夫は見ていられなくなり、「救急車を呼ぶよ」と言ったが、それでも本人は「やめて下さい。大丈夫だから」と言う。

しかしどう見てもその様子に異常を感じ、夫は救急車を呼び、職場にも連絡した。

すぐに救急車が到着し、彼が運ばれる時に夫も同乗し病院に一緒に行く事になった。

病院に到着した後、彼は検査室に入り、それ以降顔を見る事は出来なかった。
夫はとりあえず職場に戻る事になり、その後病院に到着した家族から連絡があり、緊急手術を受ける事になったと知った。

心筋梗塞だった。




私はこの話を聞き、怖くなった。
病気そのものはもちろん怖いが、それと共にこんな時、一緒にいた人の判断が重要だと。

夫は後になり、「具合が悪そうだと思ったけど、まさかそんな病気だと思わなかった」と言い、自分が救急車を呼ぶのが遅れた事を後悔し、彼にもしもの事があったらどうすればいいのか…と、責任を感じ落ち込んでいた。

幸い、その後彼は順調に回復している。

こうして客観的に聞くと、「もっと早く救急車を呼ぶべきでしょ」と思えるが、果たして自分がその場にいてその判断が出来たか?自信はない。

それも本人と会話が出来て「大丈夫です」と何度も言われると、迷ってしまう。

だが今回の事で、後で大袈裟だと言われたとしても、迷っているうちにすぐ救急車を呼ぶべきだと思った。

本当に彼が助かって良かった。

それにしても…
体格の良い30代男性がこんな病気になると、つくづく自分達も他人事ではないと実感する。

ちなみに、救急車を呼ぶべきか迷った時の相談センターがあるらしい。救急相談センター。
住んでいる地域により番号が異なるので、調べておくといざという時に役立つかも。
全国の一般救急相談センター窓口一覧






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事